Moin Moin北ドイツに暮らす

食いしん坊オペラ歌手の夫と3人の食べ盛りの子供達との楽しい食卓、バイリンガル教育、音楽、オペラ情報等を北欧ほど近い北ドイツの街から、のんびりお届けします⭐︎

クリスマスのお食事:栗入りバターピラフ詰め丸鶏のグリル〜クリスマスの様子 in ドイツ〜おせちの準備も始めてます:冷凍保存できる海老の旨煮

皆さま、楽しいクリスマスをお過ごしでしたか。

ドイツのクリスマスは、ほとんどのお店が24日の14時には閉店し、第2クリスマスの26日まで静かな時が流れます。

saki家は、25日の夜に家族で子供達も大好きなバレエ「くるみ割り人形」を観に行く予定でしたが、私はちょっとダウンして家で静かにしていました😢

夫も次に来る難解オペラ(2月に新国立劇場で世界初演を迎える『紫苑物語』↓)の譜読みに、大袈裟でなく受験生の様に朝から晩までピアノに張り付いて、ゆるりとバレエ鑑賞という気分でもなかったでしょうに、1幕だけ子供達3人を歌劇場に連れて行ってくれました💦

www.nntt.jac.go.jp

私は、しっかりと睡眠を取らせてもらって、今日には完全復活しました!

今年のお仕事がまだ少し残っているので、クリスマス3日くらいは(毎日、家族以外の誰かしらの出入りが激しいsaki家😅)、おうちで家族だけでほのぼの過ごすのも大切ですね😊

 

f:id:saki-bianca:20181226220337j:image

🌟栗入りバターピラフ詰め丸鶏のグリル🌟

【材料】

鶏肉 1.5kg、オリーブ油、塩、ハーブ(ローズマリー、タイム等)、

 

ピラフ:ご飯 2杯(約300g)、玉ねぎ1個、

にんにく1片、栗(火の通ったもの、甘栗でも) 100g、バター 15g、

 

付け合わせ野菜:玉ねぎ、じゃが芋、人参、芽キャベツ、ブロッコリー、マッシュルーム等

 

【作り方】

1、鶏肉に塩をすりこんでおく。

ピラフを作る。玉ねぎとにんにくは、みじん切りにする。フライパンにバターを熱し、にんにく玉ねぎを炒める。ご飯を加え、よく混ざったら栗も加える。塩で濃いめに調味する。

 

2、オーブンを220度に予熱する。ピラフの粗熱が取れたら、鶏肉の中に詰め、楊枝か紐で閉じる。

 

3、全体にオリーブ油を塗り、ハーブを乗せ、80分ほど焼く。最後の30分で、食べやすい大きさに切った好みの野菜を鶏肉の周りに乗せる。

 

*途中、オイルを刷毛で塗ると綺麗な焼き目が付きます。色濃く焦げそうなら、アルミホイルをかぶせてください。

 

*塗るオイルをブランデーを少量入れた溶かしバターにすると、さらに香りが良くなります。
f:id:saki-bianca:20181226215405j:image

 Guten Appetit 😋どうぞ召し上がれ😋

 

 

 

家族でバレエ鑑賞は叶わなかったけれど、クリスマスの観劇『Wunschpunsch 』は、観に行けました。
f:id:saki-bianca:20181226215428j:image

この日は歌劇場関係者の為の特別公演で、劇中にサンタクロースも何回か顔を見せてくれました。

そして、終演後に子供達は、舞台の上で待つサンタクロースや俳優さんたちからのプレゼントを受け取ります🎁
f:id:saki-bianca:20181226215414j:image

舞台装置をのぞいたりもできます。


f:id:saki-bianca:20181226220332j:image

12月に入って家族親戚が集まる機会には、鉄板の上で焼いたお肉やお野菜にチーズを溶かして頂く『ラクレット』が大人気のドイツです😋


f:id:saki-bianca:20181226215450j:image

長女の学校へクリスマスコンサートを聴きに🎶

「赤鼻のトナカイ」日本語バージョンをソロで楽しそうに歌っていました😊

舞台慣れしているのは、パパ譲り😏
f:id:saki-bianca:20181226215423j:image

Harry Potter Night という新入生のためのお泊まり歓迎会も開かれるほど、それっぽい雰囲気のある学校です。

f:id:saki-bianca:20181226220425j:image

ふと、おもしろい写真撮れました。

f:id:saki-bianca:20181226215455j:image

クリスマス市もまた来年です。

 

さて、さて、今年もおせち料理を少しずつ作っては冷凍し始めていますよ。

昆布巻き、栗きんとん、たたきごぼう、海老の旨煮、使いやすいようにさばいた鶏もも肉3kg等、既に冷凍庫で待機中です😏

 

2ヶ月でゆうに100品以上出張したsaki家のご飯はクリスマス休暇に入ったので、毎年ちょっと大仕事に思っていたお節作りが、鍛えられたか⁈少し楽チンに思えたりして。それでも、新たなおせち料理を開発する余力はなく、いつも通り今年も代わり映えしないsaki家定番のおせち料理です。

あとは、伊達巻、黒豆、焼豚、胡桃ごまめ、紅白なます、松前漬け、お煮染め、酢蓮根、鏡餅等を準備する予定です。


f:id:saki-bianca:20181226220326j:image

🌟海老の旨煮🌟

【材料】

冷凍ブラックタイガー 15〜20尾、

調味料:出し汁 250ml、酒 大さじ4、

薄口醤油 大さじ3、砂糖、みりん 各大さじ2、

 

【作り方】

f:id:saki-bianca:20181226220450j:image

1、冷凍海老は流水で解凍する。
f:id:saki-bianca:20181226215443j:image

長いひげや足をハサミで切って、背わたを取り、楊枝で刺し、形を整える。
f:id:saki-bianca:20181226215419j:image

2、大鍋に少量塩を入れた湯を沸かし、2分茹でる。

f:id:saki-bianca:20181226220326j:image

3、別の鍋に調味料を煮立て、茹でた海老を移し、さらに2分煮る。火を止め、そのまま冷まし、汁と一緒に保存する。

 

 日本は、あっという間にクリスマスの雰囲気も過ぎ去り、お正月の準備でせわしない、でも活気のある時ですね!

今年もあと残りわずか、みなさま笑顔で過ごせますように😊

 

 

 

スター、はてブ、ブコメをいつもありがとうございます😊

id:centeroftheearthさん、

レストランって程でもないのですが笑

ありがとうございます😊いつでもどうぞ〜。

id:bi1damaさん、

胡桃入り白和えお口に合いましたか?ロースト胡桃は、物によってはナッツアレルギーがある私でも食べられるので、大好きです。

id:mashley_sltさん、

ドイツはこの時期、クリスマスにちなんだ音楽で溢れている感じです🎶だからかな、心が余計に踊るのは😉

id:hana8hanaさん、

ムール貝!たしかにワインが良く合って、悪酔いしないですね!

id:lepommier8161014さん、

ありがとうござます😊ドイツのクリスマスはやっぱり好きです!

id:kao-kao-nさん、

ありがとうござます😊

寒い季節なのにクリスマスは、心が温かくなります。マルクト是非一度は訪れて欲しいです!

id:HappyUnbirthdayさん、

たしかに、ドイツは街の中でも、日本よりは周りが暗いので、マルクトの光が温かく、落ち着く明るさかもしれません😊