Moin Moin北ドイツに暮らす

食いしん坊オペラ歌手の夫と3人の食べ盛りの子供達との楽しい食卓、バイリンガル教育、音楽、オペラ情報等を北欧ほど近い北ドイツの街から、のんびりお届けします⭐︎

レンジでしっとり!鶏ムネとナスの重ね蒸し〜ドイツと日本の異文化交流

春の眠気はよく聞くけれど、季節の変わり目もそんな事があるかしら。久しぶりにロングスリーパー振りを発揮しています…昨日は子供達と(それよりも前かも💦)20時には寝落ちて、朝9時まで起きる事なしに(途中夢遊病者のように5分くらいでハミガキとお化粧落としはしました😅)、13時間もよく寝続けられますよね…午後にはお昼寝もしました。

 

寝るのに時間をかけられるのも、有り難い事ですね😅

 

お食事支度時間を睡眠に取られてますが、そんな時は時短調理で!

f:id:saki-bianca:20190915045439j:image

🌟鶏むね肉と茄子の重ね蒸し🌟

【材料】

鶏むね肉 600g、茄子 2、3本、万能ねぎ、

 

調味料:醤油、酒、みりん 各大さじ2、

砂糖、ごま油 各大さじ1、豆板醤 少々、

 

【作り方】

1、鶏むね肉は削ぎ切り、茄子は薄い半月切りにする。少し深さのある器に交互に重ねて並べる。
f:id:saki-bianca:20190915045425j:image

2、全ての調味料を混ぜ合わせ、全体にかける。
f:id:saki-bianca:20190915045419j:image

3、ふんわりとラップをかけてレンジで約8分蒸す。蒸気が落ち着くまで2、3分そのまま蒸らす。
f:id:saki-bianca:20190915045430j:image

万能ねぎを散らして、

 

どうぞ召し上がれ😋Guten Appetit 😋

 

この日の献立は、炊き込みご飯、野菜たっぷりお味噌汁、きゅうりの浅漬け、茹でブロッコリーのわさびマヨドレッシング和えだったので、鶏と茄子はあっさり目に仕上げています。

もし、味が足りなければ塩を散らしてください😋

 

 

さて、先週1週間、長女の学校ではアレクサンダー・フンボルト没後250年のプロジェクト週間でした。

学年を超えてグループを作り、そのグループごとにフンボルトに因んだ展示会を開きます。

長女は5年生から12年生の生徒達とフンボルトが世界を探検し、発見した事を短編映画に仕上げていました。週の半ばには映画製作会社を訪れ編集したり、音楽を録音したり、なかなか面白い取り組みだと思いました。

 

さらに、シュレースヴィヒ・ホルシュタイン州と兵庫県とは姉妹提携していますが、県内にある高校と長女のギムナジウムでは、長く異文化交流があり、今年がその20周年という事で!日本の高校生が日本文化を紹介する教室を開いてくれました。

f:id:saki-bianca:20190915045813j:image

この日はドイツの学校の至る所に日本語が書いてあり、特に次女と長男は大喜び😊


f:id:saki-bianca:20190915045808j:image

制服(懐しい〜)を着た日本の高校生が、浴衣を着付けてくれました。
f:id:saki-bianca:20190915045819j:image

折り紙コーナーに夢中の次女と長男。

長男は得意気にドイツ人に教えたりしてました(笑)

 

他にもケン玉コーナー、お箸コーナー、日本の観光コーナー等、私たちのドイツでの日常にはない日本が、すぐ近くにあって嬉し過ぎました!

 

20年もの間、交流が途絶える事なく親交を深めてくださった日本の高校と長女の学校には、本当に感謝です。

他国を知ろうとする若者達のワクワクキラキラした目には、本当に有り難く、清々しい気持ちになりました😊

 

子供達の純粋な心の元では、世界中が仲良くなれるのに…と改めて。私も出来る事を少しずつ!

大きな心で世界平和✨✨

 

 

スター、ブックマーク、コメントをいつもありがとうございます😊

id:flemyさん、

大自然の中にいると、妖精や妖怪でも何が居ても不思議でない気分にさせられますね😊

 

id:TigerBalmさん、

ズッキーニのなる姿は、やっぱりナルホドですよね!

 

id:mashley_slt

スター付けられないのも寂しい感じもしますが…いつも楽しみにしています!

 

id:rina358さん、

ありがとうございます😊新鮮野菜はそれだけで充分なエネルギーがありますね!

 

id:ot-nailさん、

キラキラ輝いてました✨

 

id:happy-ok3さん、

自分たちで種付けして収穫した新鮮野菜は、本当に贅沢ですよね。有り難いです😊

 

id:tayorakoさん、

普段はハの字気味の眉毛の長男なんですけど笑笑

変顔したら、すごいへの字になるので😆

 

 

夏の収穫 in 北ドイツ〜新鮮野菜はオーブン料理で😋〜ミシュランガイドおすすめのレストラン in Plön

ご無沙汰してしまいました。

ここ数週間は、夏休みが明けて新学年が始まり、長男は小学校に入学し、お姉ちゃんずも含め、それぞれの学校のイベントも目白押し、気忙しくはありましたが、saki家は元気に過ごしていました〜😊

 

気付けば、2週間くらい前のことですが😅

毎年の恒例になっている火山学者さん宅の広大なお庭での収穫です。

いつもありがとうございます!

saki-bianca.hatenablog.com

saki-bianca.hatenablog.com

f:id:saki-bianca:20190909022123j:image

今年も宝石の様な野菜たちがわんさか✨


f:id:saki-bianca:20190909022155j:image

まずは春に植えたジャガイモを掘り出します。

 

f:id:saki-bianca:20190909022726j:image

大きいのみーつけた❣️


f:id:saki-bianca:20190909022200j:image

長男の変顔も進化中😆

「これは全部僕のだぞ〜!」

と、どうやったらこんな風に顔の筋肉を移動できるのか…笑

f:id:saki-bianca:20190909045242j:image
プランターで育てているのは、人参です🥕

f:id:saki-bianca:20190909022111j:image

ズッキーニってこうやってなるのですね。イタリアでは花の部分も食すみたいですが、改めて見るとなるほど〜と言う感じ。

私の記憶なんて、「ズッキーニがなる姿を想像で描いてください。」と言われても、書けなかったであろう浅さです😅


f:id:saki-bianca:20190909022146j:image

とれたて新鮮野菜は、人参もジャガイモも皮付きのまま、オーブンで焼き上げました😋

全体にバターを落として、お醤油を回し掛けましたよ。


f:id:saki-bianca:20190909022117j:image

黒胡椒をガリガリ削ったり、キムチを乗せて頂くのもまた美味でした😋

f:id:saki-bianca:20190909045726j:image

「あの大きな木には、子供にしか見えない小さな猿が住んでいるよ!」

と火山学者のおじいちゃんに言われて、大真面目に見に行く子供達😊

まだまだ、ピュアな心があります。

 

この下は、お庭を飛び回っていた昆虫たち。

 

*苦手な方は素早くスルーしてください〜。

 

 

 

 

 

 


f:id:saki-bianca:20190909022128j:image

マダラヤンマの雌。

昆虫図鑑と(当たり前だけれど)全く一緒って、改めての感動です。


f:id:saki-bianca:20190909022101j:image

子供の頃は昆虫図鑑と照らし合わせて、なんの昆虫なのか見たりもしたのですが、今では、昆虫を触るのに恐怖を感じてしまう(見るのは平気です。)のは何故なのでしょう。。。

近くで見せてもらったら、芸術的に美しい姿でした。

f:id:saki-bianca:20190909045341j:image

手の平の上で昆虫を歩かせるのも、今の私にはちょっと無理…子供達は、どうなるのかなぁ。

 

近年、北ドイツでは見られなかった南の方の昆虫も随分発見されているそうです…
f:id:saki-bianca:20190909022106j:image

蝶々も遥か南の島から渡ってくる種類もあるそう。

チュウチュウとストロー(!)を出して、夢中で花の蜜を吸っています。


f:id:saki-bianca:20190909022205j:image

マルハナバチも至近距離で携帯のカメラを撮っても、御構い無しな集中力‼︎

まん丸でとても可愛らしいです😊

 

収穫して、昆虫の観察をしたり、遊び回ったりした後は、Plönのお城の直ぐ隣にある、ここ数年連続でミシュランガイドのオススメレストランに選出されている「Brasserie am Schloss」でお夕食😋

f:id:saki-bianca:20190909022745j:image

中庭もある可愛らしいお店です。

f:id:saki-bianca:20190909022824j:image

週末の席の予約は数日前にしておいた方が良い人気店です。


f:id:saki-bianca:20190909022845j:image

コース料理もとてもおすすめだそうですが、お庭でのおやつもしっかり頂いてしまったので、ここでは割と軽食で。

 

旬のアンズ茸を使ったメニューもありました。

上の写真はアンズ茸のリゾットとウズラの胸肉と野菜のソテー😋


f:id:saki-bianca:20190909022834j:image

アンズ茸のピザ😋

 

メニューにはアレルギーに対応してくれる旨が記載されていたり、子供達もメニューにはないミートソースを注文したのですが、作ってくれたり、お店の方もとても親切でした。
f:id:saki-bianca:20190909022839j:image

お城と教会の間にあるとっても心地良いレストランです。

 

www.brasserieploen.de

 

 

 

スター、ブックマーク、コメントをいつもありがとうございます😊

皆さんのブログをなかなか拝読できずにいますが、楽しみに伺わせもらいますね!

 

id:meredeloutreさん、

日本はまだ残暑が厳しいですか?最近の日本は暑いから、秋にも海にいけたりするのでしょうか。

 

id:mashley_sltさん、

気温差が激しい夏の終わりでしたが、もう本格的に夏は過ぎた様な北ドイツです。

日本は台風が大型化していますが、大丈夫でしたか?

それから、別件ですが…マシュさんのブログにスターは付けられなくなりましたか?

 

id:happy-ok3さん、

ありがとうございます!
フルーツを使ったパスタも意外とさっぱり頂けます😋今年は北ドイツの海を楽しめました。

 

id:bi1damaさん、

メープルシロップやフルーツ系のコクのあるお酢は、お料理の隠し味に使うと全体がまあるく落ち着くことが良くあります😋

今年の夏の海はすでに懐かしく、段々と日も短い秋になってきました🍁

 

 

暑過ぎたら休んで良し!Hitzefrei〜ネクタリンとザウアークラウトの冷製パスタ〜キール近郊のビーチ

連日30度超えの真夏日が戻ったキールからです🌞

今日は、ピアノの生徒3人(ドイツ人)がHitzefreiの為に急遽ピアノのレッスンをキャンセルしてきました。

Hitzefreiとは、学校や仕事等で適用される高温の為の早退、休日のことです。

「こんな日は室内に閉じこもっていないで、太陽を楽しまなければいけないから。」

と、生徒が電話をかけてくるのですが、、、まぁ、そうだろうなぁとは、思っていました。

ちなみに日本人の生徒さんはいつも通りきてくれました😊

少しの間ポッと一息入れることができました。

 

夫と二人ランチには、冷製パスタを作りました😋

桃系の果物が本当に美味しそうに店頭に並んでいるのですが、私はバラ科の果物に口腔アレルギーがあるので、生では食べられません😭

でも、食べたい〜!欲求が優って、アレルギーでも食べられるように火を入れてから、冷まして、パスタに混ぜたら夫も大絶賛の絶品パスタになりました(←自画自賛過ぎ😆)!

f:id:saki-bianca:20190827220512j:image

🌟ネクタリンとザウアークラウトの冷製パスタ🌟

【材料】

カッペリーニ 200g、角切りトマト 大1個分、ザウアークラウト 60g、オリーブ油 大さじ2、塩 小さじ1、

 

a:ネクタリン 2個、ベーコン 3枚、白ワイン 大さじ2、メイプルシロップ 小さじ1、黒胡椒

 

*黒胡椒はワイルドブラックペッパー↓を使用しました。

saki-bianca.hatenablog.com

【作り方】

1、ネクタリンは皮と種を取り除き、2cmほどの角切りにし、細切りにしたベーコンと一緒にフライパンで炒める。途中で白ワインとメイプルシロップを注ぎ、形が崩れない程度に煮る。 黒胡椒を削る。冷ましておく。

 

2、カッペリーニは塩(分量外)を入れた湯で指示通りに茹で、水にさらし冷まし、水気を切る。角切りにしたトマト、ザウアークラウト、塩、オリーブ油をよく混ぜ合わせる。

 

3、2のトマト等を混ぜ合わせたカッペリーニをお皿に盛り、1の冷ましておいたネクタリンを乗せる。

 

Guten Appetit😋どうぞ召し上がれ😋

 

 

明日も30度を優に超えそうな真夏日になりそうです。明日のレッスンの生徒はママが日本人の子供達ばかりだから、みんな来てくれるかな〜😆

私はこの夏に子供達と行ったキール近郊のビーチを思い出して、気分を上げていきます!

f:id:saki-bianca:20190827221939j:image

Stein⛱

saki家から車で20〜30分にあるSteinの浜辺。

永遠に続くような浅い海で、子供たちが歩き始めの頃からよく訪れる海です。

バルト海沿いにはサイクリング道が整備されていて、去年の春には、

ここから最後に紹介するHeidkateまで、家族でサイクリングしました↓。

saki-bianca.hatenablog.com

www.gemeinde-stein.de

f:id:saki-bianca:20190827222030j:image

Laboe🏖

「地球の歩き方」にもおそらく記載があるだろうLaboe。近くには戦争の記念博物館と潜水艦があります。観光客もたくさん訪れるので、レストランやカフェもたくさん!

https://www.laboe.de

f:id:saki-bianca:20190827222103j:image

Silksee⛱

saki家から車で10分強で着く、一番訪れることの多い海。キールの街中からバスも出ていて、私がまだ運転できない頃はちびっこを連れてバスで遊びに行きました。

長男が最初に入った海です😊

f:id:saki-bianca:20190827222020j:plain Hafen Kiosk Goldfisch ここで買える魚のサンドイッチは、どれも美味😋

ソフトアイスも美味しいです!

「浜辺に持って行くときは、カモメが狙っているから注意してね!」と店員さんに言われます。いつも長い列ができていますが、気軽に立ち寄れる人気店です。

 

www.kiel.de

f:id:saki-bianca:20190827222120j:image

Heidkate🏖

ここでもボート!お隣の浜辺Stein(一番初めの海↑)は、広ーく浅瀬が続くけれど、ここは少し歩くとボートも漕げます。

f:id:saki-bianca:20190827222026j:plain

Silkseeよりは浅いけれど、人も多くなくて気持ちの良い場所です。


f:id:saki-bianca:20190827222036j:image

サラッサラの白浜です。


f:id:saki-bianca:20190827222114j:image
f:id:saki-bianca:20190827222041j:image

みんなで砂山作り。


f:id:saki-bianca:20190827222055j:image

サクラダファミリアならぬ、タカダダファミリア〜😆

ビーチのすぐ近くに心地よいカフェもあります。

www.schoenbergerstrand.com

 

キール近郊には「カリフォルニア」や「ブラジル」と名付けられた浜辺もあるのですが、「今日はブラジルに行ってきたよ〜。」とかみんな言います笑

今年は行きませんでした〜。

 

今週末まで夏日は続きそうなので、あと少し夏を楽しめそうです😊

 

 

スター、ブックマーク、コメント等をいつもありがとうございます😊

id:himegumatan

ありがとうございます!

今年の音楽祭は好天に恵まれた日が多かったようで、良かったです。とても、清々しい気持ちになれました。

 

id:mashley_sltさん、

唐揚げの下味に少し油を混ぜておくと、カラッと揚がる感じがします。ごま油を入れると香りが良くなりますよ😋

 

id:tayorakoさん

夫の破茶滅茶な立ち姿笑えたでしょ〜😆まさしく舞台裏な風景です。

あんず茸は、こちらでもちょっとだけ高価です。普段使いのマッシュルームの4〜5倍くらいのお値段がするかな。旬も短いので、たま〜に楽しめる程度です。

 

id:happy-ok3さん、

こちらこそありがとうございます!

お酒とお砂糖を先に染み込ませておくと、柔らかくなるみたいです😊

 

id:y0a6t5erさん、

ありがとうございます😊子供達にも好評でした😋

 

id:bi1damaさん、

野外劇場に仕掛けはないのですよ。マイクもなし、音響も自然のまま。それなのに歌手の皆さんの声は伸び伸びと自然の中に溶け込んでいくのです。山の上から声を上げると響き渡るように!感動しました。

 

id:TigerBalmさん、

中世のカツラは、私たちも本の中で見たり、まだ免疫があると思うのですが、演出によっては突拍子もないカツラやメイクをされることもあります。歌うのに邪魔な衣装とか、結構、歌手も大変だなって思います😅

 

id:centeroftheearthさん、

ありがとうございます!メイクで顔立ちが増し増しになっているような気もします😆

 

 

 

 

 

お弁当にも!冷めても美味しい柔らか鶏胸肉の唐揚げ〜オイティーン夏の音楽祭Eutiner Festspiel〜Eutinで見つけた美味しいピザ〜野外公演、雨が降ったらどうするの?

つい先日まで、夏は終わってしまった…寂しい…と思っていたのですが、急に夏日が戻ってきました☀️

オペラ歌手の夫・髙田智宏が働くキール歌劇場がオフシーズンになる夏には、毎年家族で日本に帰省するのですが、今年は北ドイツにあるEutinオイティーン夏の音楽祭に出演する為に、たまには良いかと北ドイツで過ごしていました。

7月12日のヴェルディ『仮面舞踏会』初日公演〜全7回公演があり、今日はその最終日です。(もうそろそろ終演する頃かなぁ。現在ドイツ時間22時。)

舞台の様子がこちらで見られます↓。

www.eutiner-festspiele.de

 

夜の公演に向けて、お弁当を持って行きましたよ😋

f:id:saki-bianca:20190823005555j:image

🌟柔らか鶏胸肉の唐揚げ🌟

【材料】

鶏胸肉 800g、

a:砂糖 大さじ1/2、酒 大さじ1、

b:醤油 大さじ3、ごま油 大さじ1、生姜摩り下ろし、

片栗粉 大さじ4、小麦粉 大さじ4、揚げ油、

 

【作り方】

1、鶏胸肉は食べやすい大きさに切り、食品用ビニール袋にaと一緒に揉み込みしばらく置く。(お肉がしっとりしたら良いです。)

 

2、1の袋にbを揉み込み、再びしばらく置く。

(30分〜)

 

3、2の袋に片栗粉と小麦粉を入れ、全体に行き渡ったら、熱した油できつね色に揚げる。
f:id:saki-bianca:20190823003938j:image

鶏肉が半分くらい浸るくらいの油で揚げ焼き?しました。お肉は焼く時もそうですが、片面から6〜7割くらい火が通ったら(その間はあまりお肉に触らない)、ひっくり返してもう片面に色が付くのを見て火を通すと上手くいくと思います。

 

どうぞ召し上がれ😋Guten Appetit😋

 

f:id:saki-bianca:20190823003857j:plain

今日の夫弁当は、鶏胸肉の唐揚げ、ブロッコリーのサラダ、こんにゃくの胡麻汚し↓、オクラのめんつゆ漬け↓、ミニトマト、でした😋

saki-bianca.hatenablog.com

saki-bianca.hatenablog.com

 

私と子供たちのお夕食も同じメニューでした😋

夫には15時前にはお弁当に詰めて渡し、お夕食時さて、私たちもオーブンで温めなおして頂こうと思った所、

f:id:saki-bianca:20190823064422j:image

お箸入れ忘れた様です。。。ごめんなさい。

「お箸、お箸、、、」とつぶやきながら、準備したはずなのに…

 

無事に社員食堂からフォークを借りてきて、

「うま〜!!」

と返信が来たので、冷めたお弁当にも最適なおかずだと証明されました😅

 

 

私と子供たちは友人夫婦と一緒に、子供たちが夏休み中の7月半ば過ぎに観に行ってきました。

f:id:saki-bianca:20190823003957j:image

オイティーン城の周りにある公園を抜けて、


f:id:saki-bianca:20190823003846j:image

途中、遊具で遊んだり、休んだ(ふりをした)り、


f:id:saki-bianca:20190823003908j:image

お城で結婚式が開催されているのを横目に通り過ぎたりしながら、まず、辿り着いたのは、公演前の腹ごしらえ😋


f:id:saki-bianca:20190823003838j:image

この時期からそろそろ旬が始まった、あんず茸のピザ。(友人が注文)


f:id:saki-bianca:20190823003951j:image

子供達もそれぞれに好きなピザを注文して、


f:id:saki-bianca:20190823003901j:image

私は子供たちが残すだろうピザを想定して、サラダを頼んだら、

そうでした!ドイツのサラダって、大きなパスタ皿に終わりの無いくらいてんこ盛りにされて来るのでした😅

 

石窯で焼き上げるパリッパリの生地の美味しいピザが食べられるお店↓でした。

www.markt17-eutin.de

 

f:id:saki-bianca:20190823003945j:image

お腹を満たした後、森の中を散歩する様に向かったのは、


f:id:saki-bianca:20190823003852j:image

「はい、ピザお届け!」😆

どうしても食べきれなかったピザは、本番前の夫の元へ!

カツラとメイクだけバッチリしたオペラ歌手が、取りに来てくれました。


f:id:saki-bianca:20190823003919j:image

中世➕現代

こんなアンバランスな格好、なかなか見られませんね😆


f:id:saki-bianca:20190823003914j:image

美しい湖畔の森にある野外劇場。開演は19時ですが、まだまだ日が差しています。

野外で聞くオペラは初めてでしたが、マイクもないのに、心地よく音楽が広がり、時々ある鳥のさえずりや、森のささやきが本当に素敵に合っていました。


f:id:saki-bianca:20190823003924j:image

終演後のカーテンコールには、日も暮れて、ライトが映え、それもまた素敵でした。


f:id:saki-bianca:20190823003930j:image

夫は前列、右から3番目。

 

最終日も快晴に恵まれ、上手くいったかな。

 

ちなみに、1度だけ結構な雨が降った日があったのですが、その時はこんな格好↓で歌ったそうですよ。
f:id:saki-bianca:20190823004003j:image

雨合羽着てる〜笑

歌手の皆さん、雨合羽を着て歌ったそうです。歌いづらいのはもちろん、舞台上が滑りやすく、危険(演出上、足元が平らでない部分も多いので)も伴うと思うのですが、、それでもほぼ満席だったそうで、観客の皆さんも大変ですね。。。

 

『仮面舞踏会』は今日で終わりですが、急遽31日のガラコンサートにも出演することになったので、新たに素敵な数曲に取り組んでいます。あと少し頑張って〜🎶

 

 

 

スター、ブックマーク、コメント等いつもありがとうございます😊

id:himegumatanさん、

日本は最近10月くらいまで暑い日が続きますよね。暑さに負けずに過ごしてください!

 

id:s-kumakumaさん、

早速作ってもらって、物凄く感激しました。

ありがとうございます!

お嬢さんの受験勉強応援しています😊

 

id:mashley_sltさん、

ドイツの多くのカフェで、フォークはケーキに刺さってきます笑

このお店は横だからまだお上品かな。真上からザクっとという所もあります😆

 

id:centeroftheearthさん、

良い所ですよ〜😊

 

id:happy-ok3さん、

茗荷と大葉は、こちらでなかなか手に入らないので、ワクワクしました。夏にぴったりの薬味ですね😋

 

id:TigerBalmさん、

ありがとうございます。

夫に伝えたら、ニンマリしていました😆

 

id:MyouGirlさん、

ミョウガ大好きです〜😋

 

id:bi1damaさん、

あっという間に過ぎてしまった夏休みでしたが、色々楽しめました😊

高カロリーそうなキッシュとケーキですが、5人で分けたら足りないくらいでした😅

 

 

 

 

 

梅ツナパスタ大葉と茗荷をたっぷり乗せて〜子連れで行く旅Ⅳ リューゲン島 Sellinゼリーン〜世界遺産の街Stralsundシュトラールズント〜Paula Cafe

家庭菜園している友人がドイツ国内郵便で大葉と茗荷を送ってくれました😊

DHLでお野菜を送ってくれるだなんて、今までした事もされた事もなかったので、「できるのね〜。」と感心。確かに、日本食材店からの配送だって、普通便で届けられるものね。日本の様に業者全般的に仕事をきっちりとやり遂げてくれない場合も多いので、何となく個人で送る大物の国内郵便って避けていました😅

 

立派な大葉と茗荷!がたくさん!どうやって頂こうか思い巡らせて、嬉しすぎて、刻んでいる最中から、日本の夏を思い出してキュンキュンしてしまいました💗

 

お素麺の薬味にするのがやっぱり夏にはぴったりな気がするのですが、ここ北ドイツはもう秋の様な涼しさ・・・

冷たすぎないパスタに合わせることにしました😋

パスタを茹でるだけで、あとは具材を混ぜるだけの簡単パスタです。

f:id:saki-bianca:20190816202107j:image

🌟梅ツナパスタ大葉とミョウガをたっぷり乗せて🌟

【材料】

パスタ 200g強、トマト 1個、梅干し 大2個、ツナ缶(オイル漬け) 大1缶、ミョウガ、大葉、炒りごま、

 

【作り方】

1、塩(分量外)を入れたお湯で指示通りパスタを茹でる。その間に、トマトは食べやすい大きさの角切り、梅干しは種を取っておく。茗荷と大葉は千切りにする。

 

2、パスタが茹で上がったら、大き目のボウルに梅干しとツナ缶(オイルも一緒に)とパスタを絡める。トマトもさっと混ぜ合わせる。

 

3、お皿に盛り付け、たっぷりの茗荷と大葉を乗せ、いりごまをふる。

f:id:saki-bianca:20190816202113j:image

*パスタはカッペリーニを使って冷製にしても美味しいと思います。

 

どうぞ召し上がれ😋Guten Appetit😋

 

 

さて、子供達の新学年も始まって、夏休み気分はそろそろ抜けていないといけないのですが…まだしばらく、備忘録させてください。

 

リューゲン島の最終日は、名物になっている蒸気機関車にも乗りたかったけれど、お天気があまり良くなかったので、Binzの隣の浜辺Sellinゼリーンにある名所に寄って、世界遺産の街Stralsundシュトラールズントに行きました。

f:id:saki-bianca:20190810021951j:image

いきなり夫メインで失礼😅曇っている上に、かなりの高さの階段を降りて海へ伸びていく橋を上手に撮るには手腕が足りませんでした・・・

リューゲン島の中で一番長い桟橋だそうです↓のサイトに素敵な写真も載っています。

www.ruegenmagic.de


f:id:saki-bianca:20190810021942j:image

何の目的もなく、「ただ端まで行ってみよう」は、通用しない年頃です😅

「もう、疲れた〜。」と、座り込んでしまった長男。

「端まで行ったら、公園に寄ろう!」と約束して歩き出してくれました。


f:id:saki-bianca:20190810021910j:image

約束の公園😊こんな時間も良いです。


f:id:saki-bianca:20190810021915j:image

横浜にある鶴見つばさ橋の様な(?!)橋を渡って、5日間楽しんだリューゲン島を後にしました。


f:id:saki-bianca:20190810022003j:image

まずランチ休憩に寄ったのは、訪れようと思っていた水族館Ozeaneumsita↓の近くにあった

https://www.ozeaneum.de

Paula Cafe

仲良しおばあちゃまが手作りケーキを選ぶ姿にほっこり😊

f:id:saki-bianca:20190810021936j:image

北ドイツでは珍しいかな?オーストリア・ウィーンにあるJulius Meinlのコーヒー。

学生時代から何度か訪れた街で、ちょっと懐かしく思い出しました。


f:id:saki-bianca:20190810021957j:image

人気のキッシュ。というか、パイ生地で作ったピザぽい感じでしたが、どれも美味😋


f:id:saki-bianca:20190810021927j:image

手作りケーキにフォークが刺さって出てくるのはお決まり😅

 

さて、次は水族館!と、行ってみると入口から大行列…大きな水族館なので、入場できてから出てこられるまで、かなりの時間がかかりそう、と、キールまでの帰路も考えて街散策に予定を変更しました。


f:id:saki-bianca:20190810021921j:image

壮大なゴシック建築の聖マリエン教会のオルガン。

祭壇他、工事中の場所が多く少し残念でしたが、見応えのある教会です。

f:id:saki-bianca:20190817045424j:image

200段ほどの階段を登って塔の上に登ることもでき、街中を見下ろせるそうですよ〜。

saki家は、長男に合わせて見送ることに😅

f:id:saki-bianca:20190817045446j:image

「公園もうすぐあるかな〜。」とひたすら歩かせる。
f:id:saki-bianca:20190810021859j:image

同じくハンザ同盟で栄えた「ハンザの女王」リューベックを模倣した市庁舎↓


f:id:saki-bianca:20190810022009j:image

f:id:saki-bianca:20190817045601j:image
f:id:saki-bianca:20190810021854j:image

キールに帰る前に再び公園😅

子供達の息抜き〜
f:id:saki-bianca:20190810021931j:image

遊んだら、お腹が空いて、港町ならではの屋台で、名物の魚介の燻製や


f:id:saki-bianca:20190810021904j:image

ニシンの塩漬けサンド。お魚が新鮮なので、燻製や塩漬けにしてもジューシーです。

思い出してまた舌鼓を打ったりして😋

リューゲンの旅行記は次で最後にしますね。しばらくは、名残惜しい北ドイツの夏を書こうと思います(笑)

 

 

スター、ブックマーク、コメントをいつもありがとうございます😊

id:himegumatanさん、

初めまして😊体力〜〜欲しいです。

 

id:s-kumakumaさん、

ビーツはカブっぽいのですが、とっても甘くて、生だとシャキッと火を入れるとジューシーです。鉄分、ミネラルが豊富な味がします(←分かり辛いですね😅)

 

id:centeroftheearthさん、

リューゲン島とても素敵な地なので、本当にそう思います。

 

id:ot_nailさん、

おお!レストランではこんな感じで出てくるのですね!放ったらかしなのに、美味しい調理法でした😋

 

id:happy-ok3さん、

便利な日本で生まれ育ち、ドイツに来た頃は、当たり前が当たり前でなかった事をこれでもかと思い知らされ、カルチャーショックも大きかったのですが、自己肯定感と自分と家族を守る責任感は完全に上がったと思います。そうしないとドイツで生きていけないです笑。もちろん長所短所はあるのですが、ドイツには保守的、合理的で人間らしい(←何を根拠にを書き始めると長いです😅)人が多いと思います。

 

id:mashley_sltさん、

ありがとうございます😊ビーツの栄養価が物凄く高いので、これから積極的に頂こうと思ってます😋

 

id:flemyさん、

日本でも手に入りやすいですか?!ビーツは、会長さんが持っているお皿たちに合いそうですよね〜😊

 

 

生ビーツの美味しい食べ方〜子連れで行く旅Ⅲ ドイツ最大の島リューゲン島〜Proraプローラ〜Binzで人気のハンバーガー店Peter Pane

先日、火山学者さんから頂いたビーツ↓は、ロシア人の友人が「ホイルに包んでオーブンで焼くのが一番美味しい😋」と言っていたので、試してみました❗️

 

saki-bianca.hatenablog.com

 

f:id:saki-bianca:20190814035127j:image

🌟ビーツのオーブン焼き🌟

【材料】

ビーツ、ペコリーノ・ロマーノ(又はパルミジャーノ)、オリーブ油、塩、パセリ、

 

【作り方】

1、オーブンは180度に予熱する。ビーツは洗ってアルミホイルに包む。予熱したオーブンで1時間焼く。

 

2、取り出したビーツは、火傷に注意して皮をむき、薄切りにして、お皿に盛り付ける。

美味しいオリーブ油、塩、チーズをかけてください。

 

Guten Appetit 😋どうぞ召し上がれ😋

 

実は、ビーツもなかなか手付かずにいた食材の一つだったのですが…

土臭そうだし、キッチンが真っ赤になって面倒そうだし🙄

食べてみたら、とっても美味しい上にスーパーフード↓らしいので!これからはもっと取り入れていこうと思います。

precious.jp

 

 

さて、リューゲン島の続きまだ行きますよ〜。

この日は、家族でサイクリングをしようと、夫と私の自転車はキールから車に積んできたので、子供達の自転車だけレンタルをしました。


f:id:saki-bianca:20190810021022j:image

地図が読める夫を先頭にどこへ行くのか?湖と森を抜け、辿り着いたのは、

f:id:saki-bianca:20190810021034j:image

なんだか、物凄い雰囲気を醸し出している所でした。

 

ja.wikipedia.org

 

f:id:saki-bianca:20190810020947j:image

ナチスが大型保養施設として計画を進めていた地だそうです。

かなりの長い距離に廃墟化した簡素な建物が連なっています。今再びリゾート化計画が進められていて、新旧が連なり、まだまだ心が陰りそうな雰囲気を醸し出しています。


f:id:saki-bianca:20190810021005j:image

これから先、素敵なビーチになっていくのかな。

未だ時間が止まったような場所ばかりなのです。

良きも悪しもずっと変わらない自然の中に隣り合わせにされると、なんだか虚無感に襲われそうになります。

そんな感情も子供達には、まだないことかもしれないけれど、、旅の1ページとしてはきっと残るでしょう。

 

私たちが滞在していたBinzから往復15km。帰り道は特に長男が疲れて、後ろから背中を押しつつ「美味しい〜ハンバーガーが待っているよ!」と発破をかけ、人気のバーガーレストランへ🍔

f:id:saki-bianca:20190810021017j:image

長男より夫のかぶりつきが😅


f:id:saki-bianca:20190810021041j:image

バンズやパテ、ソースも数種類から選べて、ベジタリアンでも大丈夫な色々とこだわりのあるお店です😋


f:id:saki-bianca:20190810020955j:image

www.peterpane.de

 

あれだけ「疲れた〜もう無理〜」と言っていた長男、ハンバーガで満たされたら、しっかり充電されて、お夕食の時間まで手がしわっしわになるまでホテルのプールで泳いでいました。

私にも体力分けてください😅

f:id:saki-bianca:20190810020950j:image

 

 

 

スター、ブックマーク、コメントをいつもありがとうございます😊

id:flemyさん、

ガラスの器は特に夏に使いたくなりますね。日本の家族にもお土産で持って行ったことがあるのですが、お素麺、夏野菜、竹輪とかおつまみも涼しげに見せてくれます😊

 

id:mashley_sltさん、

ドイツの夏休みはドイツ全土、州ごとに始まりの時期をローテーションしているのです。一昨年までは、始まりが遅い方の州でしたが、去年から早く始まって、もう終わってしましました。一斉に休みになるよりは、混雑も少しは緩和されるのかな。面白いと思います。

 

id:centeroftheearthさん、

お野菜もらえていいところですよ〜😅

 

id:ot_nailさん、

ドイツのイメージってほとんどがミュンヘンとか南の方な気がしますが、北ドイツもとても素敵なところが多いですよ〜!是非、遊びにいらしてくださいね😊

 

id:happy-ok3さん、

北ドイツだけで過ごす夏休みは、考えてみたら初めてだったかもしれません。既に今週から学校の新学年が始まりましたが、子供達と一緒に存分に楽しめた休暇でした😊

 

id:bi1damaさん、

まさに新鮮な食材をシンプルに!って贅沢ですよね。なんだか言い方がおかしいかもしれませんが、ドイツに住んでから、人間らしさを取り戻した感じがします。子供達も健全に育って欲しいです😊

 

 

夏の大地の恵み〜Wilder Urwaldpfeffer ワイルドブラックペッパー〜子連れで行く旅Ⅱ ドイツ最大の島リューゲン島〜世界遺産ヤスムント国立公園

日本は本格的な夏日が続いている様ですが、みなさま体調を崩されたりしていませんか。

ここ北ドイツは、もう暑い〜夏は過ぎてしまったかな?過ごしやすい気温に落ち着いています。

今週で6週間あった子供達の夏休みも終わり、いよいよ新学年が始まります。

毎日の食卓の中から美味しいものを少しと、まだまだ、休暇中にあったことが書き切れていないので、少しずつ備忘録として残させてください。

 

f:id:saki-bianca:20190810021123j:image

先日、仲良くしてもらっている火山学者さんの広大なお庭から、「少しなのよ〜。」とたくさん!の大地の恵みを分けて頂きました😋

いつもありがとうございます❗️

全てが採り立てのトマト、ビーツ、きゅうり、インゲン、夏スベリヒユ、ビオラ(じゃなかったかな??食用花です。)等。

エネルギーに満ちた旬のお野菜たちが、キラキラまぶしいほどです😊

 

f:id:saki-bianca:20190810021334j:image

あまりに綺麗なお野菜たちで、どうやって頂こうか迷いましたが、美味しいお塩と美味しい胡椒、イタリア人の友人のお父さんが作っているこれまた美味しいオリーブ油でシンプルに頂くことにしました😋

 


f:id:saki-bianca:20190810021402j:image

洗って切ったお野菜たちを自然食品のモツァレラチーズと一緒に大皿に盛り付けただけですが、とっても華やかになりました。

 

ワイルドブラックペッパーは、小学生のお姉ちゃんずでもそのまま食べられるくらい、尖った辛味はなく、とにかく香りが華やかです。

日本でも手に入るかな?これ↓の様な気がします。

マダガスカル産ワイルドペッパーwww.fujii-label.com

 

saki家で使っているのはこちら↓から。

www.lepicerie.de

 

 

さて、リューゲン島の家族旅行の続きです。

私たちが宿泊していたリューゲン島Binzビンツから、車で30分ほどで着くヤスムント国立公園です。

(世界遺産に登録されたブナの原生林やKönigsstuhl「王の玉座」には、車で入れなくなるので、途中からハイキングまたは5分ほどのバスの利用が必要になります。)

f:id:saki-bianca:20190810021357j:image

『白亜の崖』

ロマン主義の画家たちが好んで描いた絶景だそうです。


f:id:saki-bianca:20190810021341j:image

お天気にも恵まれたので、より一層崖の白さが美しく見られました。


f:id:saki-bianca:20190810021440j:image

2011年にユネスコの世界遺産に登録された「ドイツの古代ブナ林群」


f:id:saki-bianca:20190810021346j:image

子供達は絶景も良いけれど、やっぱり、まだまだ遊具の方が楽しいかな😊


f:id:saki-bianca:20190810021418j:image

ブナの木で作られた遊具のある公園。

周りの自然と違和感なく溶け込んでいて、気持ちの良い空間でした。


f:id:saki-bianca:20190810021407j:image

敷地内には、リューゲン島の自然に関する歴史や動植物についての博物館があります。


f:id:saki-bianca:20190810021429j:image

入り口で説明が流れるヘッドフォンを配られるのですが、子供用と大人用があり、大人用にはアドベンチャー、リラックス、美しさだったかな?3種類のBGMを選べました。

おそらく、全てドイツ語だと思うのですが(英語版が良いですか?と聞かれなかったので。)、子供達もポイントポイントである説明を楽しそうに聞いていました。


f:id:saki-bianca:20190810021412j:image

タッチパネル式で説明が開始されたり、結構ハイテク?!


f:id:saki-bianca:20190810021351j:image
f:id:saki-bianca:20190810021423j:image

同じ空間にいながら、子供から大人まで十分に楽しめました。

 

 

 

 

スター、ブックマーク、コメントをいつもありがとうございます😊

 

id:centeroftheearthさん、

こういうコンセプトの建築物が世界中で増えているらしいです。

素敵ですよね。

 

id:flemyさん、

自然に違和感ない建物が良いですよね。気持ちの良い空間でした。

長女は割とシックな色しか着ないのですが、次女はカラフルな色が好きです。

 

id:bio-lifeさん、

ドイツはきっと気に入ってもらえる場所の一つだと思います!

いつか遊びにいらしてください。ご案内します〜😊

 

id:mashley_sltさん、

ありがとうございます。横に見ていた木がいつの間にか下に見えて、島全体が見渡せる景色になるのは、本当に素敵でした。マイナスイオンがたっぷりでした😊

 

id:ot_nailさん、

ドイツ人の環境を大切に思う気持ちはとても深いと思います。自然に生かされているのをとても感じます。

 

id:ekoriさん、

ありがとうございます!

 

id:bi1damaさん、

ドイツ人は大げさでなく、休暇を中心に人生回っている感じです。国民のほとんどが、何もしない長期休暇を贅沢とも思わず、当たり前の権利だと思っているのが、すごいことだと思います!

 

id:happy-ok3

ありがとうございます!長男、来週から現地小学校1年生になるのですが、まだまだ可愛らしいのです😍(←親バカ)

 

id:tayorakoさん、

いつも作ってくださってありがとうございます!本当に嬉しいです〜😊

他にも作ってみたいと言ってくださる方がいるだなんて、ドキドキしちゃいました。