Moin Moin北ドイツに暮らす→南ドイツで暮らしはじめました

食いしん坊オペラ歌手の夫と3人の食べ盛りの子供達との楽しい食卓、バイリンガル教育、音楽、オペラ情報等を北欧ほど近い北ドイツの街から、お届け☆→2020年フランスほど近い南ドイツに引っ越しました。

大根とマスカットのお漬物〜Schwarzwaldシュヴァルツヴァルトで遊ぶBaumwipfelpfade

皆様、お元気でお過ごしですか。

北欧ほど近い北ドイツから、フランス近隣の南ドイツに引っ越してきてから、

もう1ヶ月も経ってしまいました。

はじめの2週間は150個あった段ボールを開けて片付けるのが大仕事で、あまり記憶すらない程なのですが…携帯のアルバムを見返してみると、それ以降、友人を呼んだり、近隣に遊びに出る意欲が湧いてきてるみたいです☺️

休みが早くから始まった北ドイツと遅くに始まった南ドイツの2つを合わせて、11週間に渡る長〜い夏休みもやっと今週で終わりです。

ここは子供達にとっては全く知らない土地ですが、夏休みが少しでもリラックスして、楽しく良いイメージでスタートできる心の柔軟体操になっていればと思って、結局は大人も楽しんじゃっていました😆

 

今日のレシピは、旬のマスカットを使ったお漬物です。

フルーティで爽やかですよ。

f:id:saki-bianca:20200913032015j:image

🌟大根とマスカットのお漬物🌟

 

大根 250g、マスカット(種無し)  150g、

*砂糖、塩、白ワインビネガー 各大さじ1、

1、大根は皮をむき、食べやすい大きさの薄切り、マスカットは半分に切る。

2、袋に大根、マスカット、*印を入れ、軽く揉み込み3時間程寝かす。

f:id:saki-bianca:20200913032101j:image

 

 どうぞ召し上がれ😋Guten Appetit 😋

 

早速、キールでも仲良くしていたフィンランド人の友人が遊びに来てくれました。

「sakiの家庭料理が食べたい。」と嬉しいことを言ってくれるので、普通〜のお夕食です。

親子丼、お味噌汁、ブロッコリーの鰹節和え、キャベツとネギの塩昆布和え、果物。

長男125cm、夫182cm、友人197cm、彼らの前に並べると大皿もお丼も小さく見えるのは気のせいではないですね…

 

f:id:saki-bianca:20200913032355j:image

大男二人に負けじと長男盛り盛り食べてます😆


f:id:saki-bianca:20200913032351j:image

フィンランドのお土産のサルミアッキのリキュール。

たぶん、日本人の口にはなかなか合わないかもしれません。

ドイツのラクリッツ(サルミアッキ)の グミは日本で『世界一まずいグミ』と言われているそうです。

ちなみに私と夫は既に日本人じゃないかな?結構好きです。

 

f:id:saki-bianca:20200913032953j:image

また違う日。

最近お友達になった友人家族が住む、カールスルーエの隣町エットリンゲンにお邪魔してから、シヴァルツヴァルト『黒い森』にある自然公園に一緒に行ってきました。


f:id:saki-bianca:20200913032950j:image

昨年の夏休みの家族旅行で訪れたリューゲン島にも同じコンセプトのBaumwipfelpfadeがありました↓。

saki-bianca.hatenablog.com


f:id:saki-bianca:20200913033009j:image

ここには頂上から下まで55mに渡るトンネル滑り台で滑り降りることができます。

子供達は楽しみに来たのですが、残念ながら前日の雨がまだ乾いていなくて、午前中は閉鎖されていました…


f:id:saki-bianca:20200913032957j:image

なだらかな木のスロープを登って行くとシュヴァルツヴァルトを一望できます!

秋の紅葉時期も素敵そうです。


f:id:saki-bianca:20200913032943j:image

展望台の下には木で作られた有料の大きな公園があります。

小さな子供から中学生くらいまでは十分に遊べる遊具がたくさんありました。


周りには森の中をお散歩はもちろん、冬にはスキー場になる斜面があったり(去年は雪が降らず仕舞いだったそうですが…)、マウンテンバイクで走れるコース(講習会もあります)があったりもします。

www.baumwipfelpfade.de

 

夏休み最後の2週間で周辺をちょっとずつ楽しんだので、忘れないうちにブログにも覚書できたらと思っています。(キールから引っ越す1週間前に強行で行ったコペンハーゲンのことも書きたい…)

 

 

皆様、残暑や季節の変わり目に体調を崩すことがありません様に❣️

 

 

スター、ブックマーク、コメントをいつもありがとうございます😊

id:gu-gu-lifeさん、

ありがとうございます!

いよいよ、新しい学校も始まるのでドキドキしています。

 

id:hana8hanaさん、

ありがとうございます!

ニンニク塩炒め、重過ぎないのにパンチがあって好きなんです。

今の時期、胡瓜のニンニク塩炒めも美味しいですよ😋(パクチー好きなら添えても更に美味!)

 

id:ot_nail さん、

ありがとうございます!

こちらのトラックカッコいいですか?!業者の人たちは、腕にオシャレタトゥーが入った物凄く身体つきの良い大男さん達でした😂

これからもどうぞよろしくお願いします〜❣️

 

id:bio-lifeさん、

ありがとうございます!

こちらこそ、いつも心温まる投稿楽しみにしていました!これからもお邪魔させてもらいますね。

 

id:addieayumiさん、

ありがとうございます!

同じドイツでも北と南では違うところが多いです。私たちがこの周辺に住んでいた15年前とも又随分変わっていて、いろいろとドキドキしています。

 

id:mashley_sltさん、

ありがとうございます!

イッタラのツァイッカは、夫が持つとこじんまりしてますが😅どんなお茶を入れても美しいです!お気に入りの一つです。

 

 

カールスルーエからこんにちは!〜引っ越しいろいろ〜豚バラとネギの塩ニンニク炒め、青梗菜のナムル

 皆様こんにちは!

とってもご無沙汰してしまいましたが、なんとかブログ更新できるまで生活が整ってきました。家族全員での引っ越しは一大イベントなので、書き留めておきたい事もたくさんあったのですが、とにかく、余裕がありませんでした💦

ブログも新規で作った方が良いのか、この機会にじっくりとブログの書き方もお勉強したかったのですが…書きたいことが過ぎ去ってしまう方が残念で、このままで続けています。

ブログ名は少し書き足してしまったのだけど、これから何か不具合があるのか?見難くなっていたら、すみません🙇‍♀️

 

8月12日の朝、物凄くがたいの良い7人のドイツ人がやって来て、キールの家から全ての荷物を運び出し、ダンボール150個+αと家具、楽器を12tトラック+8tの牽引車で運んでもらいました。

f:id:saki-bianca:20200828042149j:plain

キールのお家のすぐ近所にあったお花屋さんまで子供達と最後のお散歩がてら、大家さんへお礼の花束を買いに💐

f:id:saki-bianca:20200828042113j:image

引っ越し業車が出発してから、私たちは家の最終掃除と大家さんへのご挨拶を済ませ、お手伝いに来てくれていた友人達と涙のお別れをして、800km弱離れたカールスルーエへ車で移動。

 

f:id:saki-bianca:20200828034936j:image

12日の夜にはカールスルーエから近いハイデルベルクの友人宅へ到着し、13日の朝にはカールスルーエの新居に引っ越し業車が到着しました。

そこから、大量の荷物の搬入。

家具や楽器の位置の指示他は、全ての荷物を運び入れてもらうのが終わったら、天井まで積み上がっている段ボール150個の荷解き。これが、記憶がないくらい大変でした😅

ドイツでは当たり前だけれど、業者さんはどこもかしこも土足で入ってくるので、靴は外で脱ぐスタイルを取っているsaki家では、初めの拭き掃除も地味に大変…

f:id:saki-bianca:20200828035319j:image

初めの5日間は新居に住める状態ではなかったので、ハイデルベルクに住む、私たちがドイツに渡独した時からの友人宅でお世話になりました。

彼らのお庭で採れる新鮮なサラダを毎日もりもり頂いて、昼夜のお食事もいろいろ気にかけてもらえて、最初の5日間乗り切れました。心からありがとう❗️

 

f:id:saki-bianca:20200828035657j:image

新居でいよいよ生活が始まって、さて!お料理!と意気込んだのですが、16年前に渡独して来たときに揃えたステンレス鍋一式、フィスラー6L圧力鍋、ステーキパンは、IHが入っている新居では使えないことが判明し、衝撃を受けました😭

 

この際、鍋も断捨離…6L圧力鍋だけは、どうしても必要なので買い直しました。

 

ここ数週間、外食やテイクアウトが続いていたので、お家でお味噌汁とご飯、炒め物が食べられた時の家族の幸せを噛みしめる様な喜びと言ったら😂

ほっとしました😊

f:id:saki-bianca:20200828035440j:image

簡単覚書ですみません。

🌟豚バラ肉とネギの塩ニンニク炒め🌟

【材料】

豚バラ、ネギ、ニンニク、油、酒、塩、胡椒、

 

【作り方】

豚肉は臭みを取る為に下茹でをします。多めのニンニクを薄切りにして、油で香りを出したら、水気を切った下茹で済みの豚肉に焼き目を付け、ネギとさっと炒め合わせます。

酒を一振りし、塩、胡椒で調味します。


f:id:saki-bianca:20200828035436j:image

🌟青梗菜のナムル🌟

 【材料】

青梗菜、人参、ごま油、中華出汁(粉末)、ニンニク(粉末)、白ごま

 

【作り方】

人参は薄切り、青梗菜は根元を切り落とし、熱湯で1分茹でる。水気をしっかり切る。

野菜を食べやすい大きさに切り、ごま油、中華出汁、ニンニク、白ごまで調味する。

 

どうぞ召し上がれ😋Guten Appetit😋

 

 

f:id:saki-bianca:20200828035629j:image

新居から歩いて3分ほどで、小川が流れる公園があります。

一時期の猛暑は過ぎた様ですが、連日30度近くで、北からやって来た私たちにとっては、しっかりした夏気分です。

35度近い日は、近所の親子連れがたくさん水遊びをしていました。


f:id:saki-bianca:20200828035635j:image

魚とりに夢中な次女と、向こう側で素潜りする長男😂


f:id:saki-bianca:20200828035621j:image

山から流れてくる水は澄んでいて、めだかも泳いでいましたよ。

 


f:id:saki-bianca:20200828035625j:image

街の中心にあるカールスルーエのお城。

綺麗なお庭が広がっていて、お散歩に最適です。


f:id:saki-bianca:20200828035616j:image

実は、キールから引っ越すちょうど1週間前に、コペンハーゲンに住む大学時代の友人に20年位振りに会いに弾丸!1泊旅行をしてきました。

積み上がっていた段ボールから解放され、やっとついた一息に、コペンで買ったハーブティ。

友人が海外で近くに住んでいると分かってから、日本より近いしいつでも会える気でいたら、私が引っ越すことになってしまったので、ほぼ勢いで決めてしまった滞在でしたが、旅行会社勤務もしていた彼女にたっぷり頼って、満足度十分な旅でした。

そのことも余裕ができたらブログに書きたいと思っています。

 

暫く落ち着くまで、更新も安定しないと思いますが、元気に過ごしています。

 

どうぞ皆様も残暑、夏バテ、お身体には気をつけてお過ごしください。

 

 

スター、ブックマーク、コメントをいつもありがとうございます😊

皆さんのブログにもお邪魔したい気持ちたっぷりあるのですが、お楽しみを後にゆっくり訪問させてください。

 

id:gu-gu-lifeさん、

ありがとうござます😊

いつもTwitter楽しませてもらっています!

 

id:hana8hanaさん、

ありがとうございます😊

果物の種類は日本の方が多いと思うのですが、日本に入っていない種類が多いかもしれませんね!

 

id:ot_nailさん、

ありがとうございます❗️

お塩はやっぱりFlor de salを使っていますが、フランスのゲランドではなく、スペインのマヨルカ産の物が好きで使っていますよ。お肉にはヒマラヤのピンク色のお塩をガリッと削ります。パスタを茹でる時等は、100円くらいで買えるお塩も使います。お塩もこだわり出したら沼ですね😆大体5種類くらい(ハーブ塩除く)使い分けてます😊

 

id:bio-lifeさん、

ありがとうございます❗️

ドイツは初夏〜ベリーが豊富です。見た目も可愛らしくて、気持ちが上がりますよね✨

 

id:flemyさん、

ドイツでは、片栗粉も使うけど、いろんなレシピでコーンスターチ多用されてます。 

今年は葡萄がものすごく甘くて美味しいです😋

 

id:mashley_sltさん、

ついに引っ越しました〜!地理感がなくて、まだまだ毎日ドキドキです。

いろいろと開拓していきます♪

 

id:TigerBalmさん、

ありがとうございます❗️

「誕生日はルーツに感謝する日」その通りですね。私も子供を産んで、ご先祖様から子供達まで何かが繋がった実感が湧きました。

 

id:tayorakoさん、

ありがとうございます❗️

ブログに関して、ラッコさんの記事を参考に読ませてもらいたいのですが、なかなかお邪魔できないでいます…いつまでも、初心者です💦いくつもしっかり管理されているラッコさん、尊敬!

 

 

ベリー、Berryの季節です inドイツ〜最近作った物たち(北ドイツ名物ローテ・グリュツェ等)〜静かな夜の2人ご飯

ご無沙汰致しております。

ついに引っ越しまで2週間を切り、いよいよ段ボールに占拠されてきています。

最後の北ドイツの夏を楽しみたいと思っているのですが、お天気が悪いです…

それでも2週間に1度のペースで初夏の様な気持ちの良い日があるので、その時を

逃さずにBBQをしたり、海に出たり、いちご狩りに行ったりしています。

今週末も2週間ぶりに夏日がやってきそうです😊

 

 

生で食べることが多いフルーツは、わたしと長女がアレルギーのものが多く、なかなか新規開拓するのを躊躇してしまうのですが、長男が同級生のおうち(ドイツ人家庭)で食べてから暫く、「美味しいんだよね〜あれ!」と言っていて、気になって仕方がなかったフルーツがこれです↓。

日本ではあまり見かけないのではないかしら?
f:id:saki-bianca:20200801041309j:image

Stachelbeereシュタッヘルベァレ(←カタカナ書きできない発音です💦)

「Stachel刺のあるベリー」と名がある通り、よく見ると表面にトゲトゲが少しあるのですが、皮ごと食べられます。皮に酸味がありますが、実は甘くて美味しいです。

葡萄の様に皮が薄緑色の種類もあります。

 

*アレルギーが心配なので、恐る恐る果汁をほんの少〜し試してみました。無事にアレルギー反応がなく、問題なく頂きました。(アレルギー反応調査はご自身の判断でしてくださいね。)

 
f:id:saki-bianca:20200801041331j:image

友人の火山学者さん宅の広大なお庭からは、朝摘みのベリー達とナスタチウムの種❣️ 

 

gardenstory.jp

 

新鮮なうちにジャムやゼリーにするのも良いのですが、この日は思い付きで黒すぐりはリゾットに😋


f:id:saki-bianca:20200801041315j:image本当は香ばしく焼いた骨付きラム肉があればもっと良かったけれど、冷蔵庫にあった豚肉でカリッと目に焼いたポークソテーと春に作り置きしておいたベアラオホとナッツのペーストをソースがわりに合わせたら、美味でした〜(←自画自賛😅)


f:id:saki-bianca:20200801041324j:image

ナスタチウムの種、食べられるだなんて知りませんでした。

山葵の様なピリッと爽やかな香りがします。

「甘酢に漬けておいたら美味しいよ〜。」

と、教えていただいたのですが、作り置きすし酢があったので、オリーブ油も足して暫く寝かせました。

少し物足りないピラフのお供に!カレーライスの付け合わせに!サラダに混ぜても!

あっという間になくなりました。

 

f:id:saki-bianca:20200801042533j:image

イチゴが野生味溢れていて、可愛らしいです❣️

 


f:id:saki-bianca:20200801042529j:image

広大ないちご畑で、私と長女はアレルギーのために手袋をはめながら、勘でイチゴ狩り😅

イチゴを愛でる様に選ぶ長女☺️

野晒しな畑ですが、みんな味見をしながら、甘い株を探し当て摘んでいきます。

イチゴ食べ放題〜。


f:id:saki-bianca:20200801042517j:image

2kg以上収穫しました。

良い香り🍓

そのまま食べたり、ジャムにしたり、他のベリー達と合わせて北ドイツ名物Rote Grützeローテ・グリュツェを作ったりしました。


f:id:saki-bianca:20200801041343j:image

ローテ・グリュツェの良い写真撮り忘れました…

お鍋にベリーとジュースを加えた所の写真です💦

 

レシピは↓を参考に。

🌟ローテ・グリュツェ🌟

【材料】

ベリー数種類 600g、赤葡萄ジュース 500ml、白ワイン 大さじ1、砂糖 大さじ3、

コーンスターチ 大さじ3、バニラオイルまたはバニラビーンズ、

 

*ジュースはさくらんぼジュース、赤すぐりやブルーベリーのジュースでも。

*白ワインはカシスリキュールでも。

【作り方】

1、ベリーは洗ってよく水気を切る。大きいフルーツは切っておく。鍋にベリーとジュース、バニラビーンズを入れ、火にかける。

 

2、コーンスターチは大さじ2〜3の水で溶き、鍋に回し入れる。3分ほどとろみが付くまで火にかける。白ワインを加え、1〜2分さらに火にかける。

 

3、火から下ろして甘みが足りなければ、好みに合わせ砂糖を加え混ぜる。

 

緩めに泡立てた生クリームやバニラソースを添えて、

 

Guten Appetit😋どうぞ召し上がれ😋

www.kuechengoetter.de

 

再び2週間ぶりの夏日になりそうな爽やかな週末❣️

午後から、子供達は友人宅にお泊まりに行ってしました〜。

3月半ばから本格的に始まったコロナの影響で子供達全員が家にいないという日はなかったので、久々すぎる夫との2人ご飯。

ワインに合うメニューを2品作っただけ😅

f:id:saki-bianca:20200801041320j:plain

少し隠し味にスパイスを聞かせたトマトとインゲンのツナサラダ、ホタテの真っ白いリゾット黒胡椒をガリッと削って、白ワインはフランスのシャブリ・プレミエ・クリュ。

シーフード系に合うのは想像できたけれど、食後に食べたブルーベリーにも合いました!

 

最近は、通常のお夕食に2人でワイン1本は空けないので、明日の「家族のお誕生日」でも飲める様にちょっと良さげなワインを開けました😊

*saki家の結婚記念日は、毎年家族でお祝いをする『家族のお誕生日』と呼んでいます。

 

子供達がいるとどうしても大皿料理テーブルにどーん!となりがちなので、たまにはワインが合う少し軽めお食事でもいいよね〜と☺️

今日もダンボール詰めをしなくちゃですが、ちょっと休憩かな。

2人には大きいテーブルに向かって、私はブログを久々書き書き、夫はギターで好きな曲を割とストイックに練習中。

子供達がいると忙しなく動ける(動かざる得ないかな…)けど、大人の時間って改めて自由で開放感〜。耳と心が休まる笑

子供達といる時間ももちろん大好きだけれど、このコロナ禍で3人が一度に登校してくれる日はなかったし、自分たちだけの時間って改めて必要なのかもって。

思いがけず、ありがたい時間を作ってくれて友人宅へ感謝😊

 

 

まだまだ心配なコロナ…

どうぞ皆さまも心身ともにお元気でお過ごしください。

 

 

スター・ブックマーク・コメントをいつもありがとうございます😊

id:ot_nailさん、

いつもありがとうございます。

shokoさんのいつもお洒落でお酒に合いそうなお食事好きです❣️

 

 

 

山羊のチーズ・シェヴールのハチミツとオリーブオイル掛け〜コロナ禍中の夏休み in ドイツ

ご無沙汰いたしております。

 

更新頻度が落ち過ぎて、ブログに何を書いて良いのか、書き方(←そんなもの最初からあったのかしら⁈)すら忘れそうになっています💦

 

ここキールはいまだに日中20度くらいの日が多くて、夏が恋しいのですが、先日キール出身のドイツ人とおしゃべりしていたら、「ここ数年暑い時もあったけれど、私が感じるキールの夏はこんな感じ。あなたも13年も住んでいたらそう感じない?」って言われて、「ああ、私は多くの夏を酷暑の日本で過ごしていたんだった〜。」と。

今年も帰る予定でしたが、こんな状況で全てキャンセル…結果的には、引越しがあったので帰省どころではなかったですが。

 

南ドイツに行ったら、きっとキールの涼しい夏を懐かしむのだろうなぁ。

 

引越しまではまだ1ヶ月弱ありますが、いろいろと身体も心も落ち着かず、ブログを書き始めて習慣になりつつあった、調理しながらの計量とメモ書きを、今は放棄しています…

 

最近はまっていたチーズの食べ方をご紹介😋

f:id:saki-bianca:20200714010256j:image

消化吸収されやすく、身体に負担が少ない山羊乳チーズ(シェーヴル)に蜂蜜とオリーブ油をかけ、乾燥食用花を散らします。

バケットにも合うと思うけれど、私はドイツの黒パンに合わせるのが好き😋

 

 

 

さて、SH州は6月27日〜夏休みに入りました。

いつもなら、周り近所も2週間〜1ヶ月位の長期旅行に出る家族が多いのですが、さすがに今年はデンマークや近場で1週間〜10日程度のキャンピングカーや貸別荘旅行で済ませる家族が多いみたいです。 

あとは、パッチワーク家族も多いので、お父さんのお家、お母さんのお家、おばあちゃんのお家、おじいちゃんのお家等、それぞれの街を週ごとに行き来していたり、どちらにせよ、旅行のために働く!長期休みの長期旅行は外せない!が文化といっても良いほどのドイツにしては、頑張って自制をしている感じはします😅

やはり、旅行に出てもレストランも人数制限ありの予約制だし、マスクをしながらの観光だったりが煩わしくてキャンセルする人も多いようです。

saki家もこの夏は5週間強、日本に帰省予定で日本をいろいろ周りたかったのですが、

仕方がないですね…

そのお陰で夏休みに入っても子供達も近所の友人と頻繁に行き来し、シュポンターン(行き当たりばったり)にお泊まり会決行。子供が倍になっていたり、「あれ、saki家は何人家族だったっけ?」という状態になっていたりもしてます😅

 

 

地下室の断捨離決行でゴミ集積所まで行き来したり、引越しのダンボールが徐々に積み上がってきたり、少しずつ物事は前に進んでいるのですが、その他にもいろいろ心が落ち着かないことがあって、なかなか、ブログに向き合ったり、皆さんのところへお邪魔しに行くことが叶わないでいます…

身体は元気に過ごしております!

今はそんな時期なのだろうと。

 

いつも見にきてくださりありがとうございます😊

 

皆様も元気でお過ごしください❣️

 

 

スター・ブックマーク・コメントをいつもありがとうございます😊

id:gu-gu-lifeさん、

日本は教育面も始まったら巻き返しが凄そうですね。夏休みも短縮されたりするのですか?

こちらは、空白はそのままですっ飛ばされるので、全てにおいて自己(親)責任です…

 

id:ot_nailさん、

大学芋とかもオシャレに言えばキャラメリゼですかね笑 お野菜のキャラメリゼ意外とワインにも合いますよ😋

 

id:himegumatanさん、

いつも日本のお勉強の参考にさせてもらっています!今は、長女用の中1の漢字ドリルを探しています。大人になってもずーっと何かに興味・執着を持ち続けられる土台を子供の頃から身につけて欲しいと思っています。

 

id:mamannoshosaiさん、

コロナ禍での歌劇場の今シーズンは終わり、9月の来シーズンから新しい職場に移るのもあって、なかなかスケジュールが組まれずに不安もありますが、徐々に小規模からの舞台が再開に向けて動いていきそうです。今できることを真摯に取り組むしかないのかな。

 

id:hana8hanaさん、

日本は蒸し暑い中でマスク着用がきっと気持ちよくない時期ですよね…

お野菜もそうですが、チーズもキャラメリゼするとパンにもよく合う種類があります😋

 

 

 

感謝と新聞掲載〜白アスパラガスのキャラメリゼ〜耳が痛くならないマスクの付け方

キールのあるSH州は、昨日で学年末でした。

コロナ禍の中で学業的には無事にと言って良いのかわからないのですが、子供達はそれぞれに成績表を受け取って次の学年に進めるようです。

saki家の子供達は夏休み中にBW州に引っ越すので、約1ヶ月ずれている夏休みを両方合わせて、

新学年は9月の半ばに始まり、今までにない長〜い夏休みを過ごすことになります。

3月半ばのコロナ休校から分散登校が始まっても授業数は削減され、合計半年はきちんと学校教育を受けられないって!!かなり不安なのですが…

 

現地校や今日の補習校でもそれぞれにお別れの挨拶をし、たくさんのプレゼントをいただき、感激、感動、感謝、涙❣️ありがとう〜😭

 

そして、先日、夫のお別れコンサートinキール歌劇場の告知も含めて、オンラインで受けたインタビューが地元新聞紙の文化面に大きく掲載されました。 

 彼が13年前にキール歌劇場のオーディションで歌った曲の一つにコルンゴルド『死の都』のアリアがあり、今年3月コロナ禍で歌劇場の公演が全て中止になる前の最後の公演がまた『死の都』でした。

 「mein Sehnen,mein Wähnen」ではじまり、「mein Sehnen,mein Wähnen」でこの歌劇場を去るというのは、記事上には「Ein Kreis hat sich geschlossen」(一つの円が閉じた⇦ものすごく直訳です💦)とありますが、なんだか運命的なものを感じてしまいました。

f:id:saki-bianca:20200628050758j:image

写真はGPです。

本来なら歌手のお別れコンサートは、歌劇場のロビーで開かれますが、歌劇場(満席時800人)に100人(前回の記事の段階では50人でしたが倍まで可能になりました。)までの観客を入れて、客席同士や舞台からの距離を保っての公演が可能になったので、最後に歌劇場の舞台に立て皆さんへ声を届けられるのは、本人にとっても感慨深いことだと思います。

 

『Beliebt als Sänger,Darsteller,Lehrer und humorvoller Mensch :Tomohiro Takada

歌手、役者、教師そしてユーモアに富んだ人として人気者の髙田智宏』

 

こんな風に書いてもらえて、キールの人々には本当に愛されて、愛されて、13年の間に夫がオペラ歌手として成長していく為に心深く受け入れてくださり、宮廷歌手の称号まで与えていただき、Familyとしても本当に暖かい環境の中で大きくなっていくことができました。

 

周りの皆さんにお別れの挨拶をしていくに連れて、段々とここを離れることへの実感が湧いてきて、寂しさも募ってきました…

引越しの準備はまだ全然手付かずなのですが〜

 

 

 

久々更新すぎて、呟き、毎日の思いが止まらないので😅

もう市場での販売は終わってしまいましたが、白アスパラガスの好きな食し方の一つをご紹介!

いつも、分量は適当でわざわざ計るまでもない簡単レシピです。

f:id:saki-bianca:20200622202722j:image

🌟白アスパラのキャラメリゼ🌟

【材料】

固めに茹でた白アスパラガス、砂糖、バター、黒胡椒、

 

【作り方】

フライパンにバターを溶かす。
f:id:saki-bianca:20200622202731j:image

茹でた白アスパラガスを入れ、程よい焼き色がついてきたら、砂糖をふりかける。


f:id:saki-bianca:20200622202716j:image

砂糖が程よくキャラメル化するまで火を入れる。

 

黒胡椒を削って、

 

Guten Appetit😋どうぞ召し上がれ😋

 

 

f:id:saki-bianca:20200622202711j:image

ドイツの子供達は、マスクを耳にかけるタイプではなく、上下の紐をそれぞれ後頭部でリボン結びしたり、長男がする様に頭から被ったり、次女がする様にポニーテールやツインテールに引っ掛けたりしてつけている子が多いです。

 

お店や学校等、人が多く集まる場所ではマスクなしでは入れませんが、街ゆく人でマスクを付けている人はあまりいません。

 

 

本当なら、子供から大人までお世話になった人たち100人くらい集めてお別れパーティを開きたいところですが、、、こことは切っても切れない縁があるのだと思う様にします😊

引越しまでは、まだしばらくあります。北ドイツの夏を楽しみたいと思います⛵️

 

 

ちょっとだけ進んだ引越し関連覚書:

・引越し業者決定と日時決定

・引越し先小学校への転入手続き

・現地校、補習校へのお礼

 

引越しに必要な段ボール(大)120個って言われました💦

ぼちぼち断捨離始めます…

 

 

皆さま引き続き健康でお過ごしください❣️

 

 

スター・ブックマーク・コメントをいつもありがとうございます😊

id:bio-lifeさん、

ありがとうございます!

長距離引越し…この状況下だから大変なのか、なんだか分からなくなってきましたが😅

家族も多いので、あまり無理をせずに余裕を持って大移動できたらと思っています。

 

id:himegumatanさん、

ありがとうございます!

引越しに伴って子供達の日本語教育(国語と算数または数学)も一時期私が見ないといけなそうなので、himegumatanさんの記事を参考に参考書選びしました!

そう言えばカールスルーエには、有名な工科大学があります!「リケジョドイツへ留学」もカッコ良い〜と勝手に妄想しました笑 どうですか〜😉

 

id:gu-gu-lifeさん、

是非、お試しください〜😋

マッシュポテトとハムの組み合わせは子供達にも人気です😉

 

id:mkonohazukuさん、

ありがとうございます!

忙しくてパニックに陥るほどではないので大丈夫です😊

お食事はしっかりとって体力保って頑張ります!

 

id:ot_nailさん、

ありがとうございます!気候が良くなってきたので、動きやすくなってきました😊

クレープの代わりにお野菜ですか!かなりヘルシーですね。

 

Spargelzeit 白アスパラガスの季節も終盤です。残ったハムやジャガイモを使って!マッシュポテトのハム巻きグラタン〜ドイツ国内引越し関連覚書

ご無沙汰いたしております。

saki家は皆元気元気で過ごしています😊

北ドイツもやっと子供達がお庭で水遊びが出来るほど、爽やかで気持ちの良い季節になってきました。

SH州は、6月8日から小学校(最高学年4年生まで)が*通常通りの再開となり、saki家の次女と長男も毎日楽しそうに登校しています。

*マスク着用、授業も体育は無し等の制約はあります。

 

一方ギムナジウム6年生の長女は、早い段階で少しずつ分散登校できる学年に入っていたので、6月は合計3日のみの登校で夏休みまで残すところあと1日。それで、転校になってしまうので、やっぱり心がちょっと痛みます。

 

規制緩和は随分進んで、街の様子はまるで以前に戻ったかの様ですが、まだまだソーシャルディスタンスは厳しく、たくさんの人が集まることは不可能で制約は広範囲に渡るのですよね。

 

そんな中でも夫と同僚の送別コンサートがキール歌劇場で開かれるのですが、各日入場可能者数は50人に制限され、歌い手同士は最低6m !の距離を保たないといけないらしく、プログラム作成段階に予定されていたデュエットはできなくなりました。

www.theater-kiel.de

 

ほぼ完売となっています。

観客の皆さん含め、キール歌劇場関係者の方々には本当に愛されたな。と、夫を歌手として大きく育ててくれて感謝の気持ちで一杯です。

 

どんな状況下でも季節は巡るべく、4月から始まった旬のシュパーゲルもあっという間に終盤です。

 

f:id:saki-bianca:20200616014350j:plain

北ドイツでは、シュパーゲルの付け合わせにサーモン、Katenschinken燻製生ハム、塩茹でジャガイモを付け合わせるのが定番です。

 

f:id:saki-bianca:20200616014359j:image

saki家の定番は、一番最初に住んだ街が南ドイツだったので、今でもそちら風が定番😋


f:id:saki-bianca:20200616014354j:image

ドイツの少し厚手のクレープで巻いて頂きます❣️


f:id:saki-bianca:20200616014404j:image
食べかけで失礼💦

オランデーゼソースは中に塗る派です。

 

そして、いつも目分量で多めに買ってきて余ってしまう、ハムや塩茹でジャガイモ、オランデーゼソースは一緒にオーブン料理にすると2度美味しいです😋

f:id:saki-bianca:20200616014555j:image

🌟マッシュポテトのハム巻きグラタン🌟

【材料】

(じゃが芋800〜1kg分で作ったもの)マッシュポテト、

*Kochschinkenボンレスハム 大判4〜6枚、

生クリーム 100ml、溶けるチーズ、パセリ、

 

*ドイツのお肉屋さん等で買える1枚直径20cm以上のハムを使用

*余ってしまったオランデーゼソースを入れても美味です。

 

【作り方】

オーブンは180 度に予熱する。

マッシュポテトをハムで巻き、深めの耐熱皿に並べる。生クリームを注ぎ、溶けるチーズを散らし、オーブンで20〜25分チーズをこんがり焼き上げる。

 

お好みで刻んだパセリを散らして、

 

Guten Appetit😋どうぞ召し上がれ😋

 

 

さて、さて、

ここまでに進んだ引越し関連事務仕事を覚書。

・子供達の各学校の担任へのお知らせ

・Hort学童解約手続き

・補習校へ退学届

・長女転居先ギムナジウム探し、入学許可取得、転入学手続き

・長女現ギムナジウムへの退学届

・ピアノの生徒達へのお知らせと新しい先生紹介、引き継ぎ

・キール日本人会幹事引き継ぎ、他日本人会関連各方面へのお知らせ

・現住居のNachmieter(次の住人)探しと契約解除手続き

・新居探し(内見、契約)

 

*習い事、学童、住居等、解約時期によっては大きな出費になってしまうものから、

早めに手続きしました。

 

入居先(住所)が決まったのでできることin Kiel

引き継ぎできる子供達の習い事探し、ホームドクターへのお知らせ、

現小学校への退学届と転居先小学校への転入学手続き、

引越し業者探し、転居先ネット環境の確認、等々…

 

抜けてることいっぱいありそう…

転居先でも再登録等いろいろあります。

 

この中では、やはり家探しが距離もあって(キールとカールスルーエ間約750km)、

とてもストレスでした。

日本での物件探しとは恐らく全く異なると思うので、それも追々書いていけたらと思います。

 

 

まだまだ、油断はできませぬ…

みなさま、引き続き健康でお過ごしください❣️

 

 

スター・ブックマーク・コメントをいつもありがとうございます😊

id:ot_nailさん、

ありがとうございます😊

そうです!シュトゥットガルト はBW州の州都になります。今は、遠藤航選手が活躍されていますよね。カールスルーエのチームも2部にあって、かつてはオリバー・カーン選手が在籍されていたり、強豪チームだったようです。

 

id:mkonohazukuさん、

ありがとうございます😊

本当にこの時期の移動は気を付けてしたいと思います!

 

id:mamannoshosaiさん、

ありがとうございます😊

不安の多くは未経験のことに対して持つと思うので、小さなことでも私と夫が経験してきたこと、今辿っている確かなことを逐一伝える、それでも出てくる不安は時間をかけてでも一緒に消化していけば良いことだと思っています。親だって、思うほどは強くないから、一緒にできることがあるならそれも嬉しいのです。

 

id:addieayumiさん、

ありがとうございます😊

人生ワクワクドキドキしっぱなしです笑

 

id:TigerBalmさん、

ありがとうございます😊

この時期に!と本当に驚きましたが、大きなチャンスを逃すわけにはいきませんでした。
多方面にお知らせして行くにつれて、反響が大きくて、今までの安定と守られていた環境に段々と気づかされてもいます。頑張ります!

 

 

 

 

夫の移籍、バーデン州立歌劇場へ〜全粒粉バナナパウンドケーキ

ご無沙汰いたしております。

4月も5月も何でしょう、驚く速さで過ぎ去り、気づけばブログ更新月に3回のみ💦

コロナ禍で生活スタイルも一変して、この状況下にも関わらず夫に移籍のお話をいただいて、きちんと契約を結ぶまでのバタバタやヤキモキ、いろいろと後で見返したら面白いだろうなと、書き残したいことも日々あったのですが、PCに向かうまでの気力なし…

 

9月からオペラ歌手・髙田智宏は、バーデン州立歌劇場の専属歌手となります。

キールでは「そのうち何処かへ移動するよ〜。」と公言しつつも13年が過ぎていました。

 

まるで、外国で子育てする親が子供に言う(海外子育てあるある⁉️)

「そのうち日本本帰国するから、それなりに覚悟しといて〜」と言いつつなかなか帰国しないで日本語を学ばせる=「帰る帰る詐欺」

の様な😅移籍は有限実行されたので、結局詐欺にならずに済んだ(笑)

 

13年もいて、子供達はまさにKieler Sprotten*(キーラーシュプロッテン)、夫はキール歌劇場で宮廷歌手の称号も受け、私達もこのままここでほぼ落ち着くものかと思っていました。

まさかこの時期にキャリアアップのご縁があるとは思わず、いろいろ、本当にいろいろいろいろなことを天秤にかけ、家族総出の北から南への引越しを決意しました。

 

*Kieler Sprotten=キール名産のニシンの小魚の燻製。キール生まれキール育ちの子供達の事。

 

芸術家はやはり流浪の民なのか〜。

13年で築いてきたここでのネットワークは、本当に一生の宝です。

 

そして、今は家探しが目下難航中。。。

所属先はあるのですが、そのほか生活環境を整えるのは個人の仕事なので、

様々な契約解除〜新規登録まで山積です。

まずは現在の家の次に住む家族は決まりましたが、私たちの新居は決まらず追い込まれてます💦

ドイツの住宅事情は日本のそれとは随分違うので、そう言うことも少しずつ書いていければ、

とは思っていますが、まずは私の頭の中を整理しつつ…

 

『Moin Moin北ドイツに暮らす』も北欧ほど近い北ドイツからではなく、フランスほど近い南ドイツからになるので、そのうち心機一転すると思います。

www.staatstheater.karlsruhe.de

ja.wikipedia.org

 

実はキールに住む前に私と夫が初めて在独し始めた土地が、カールスルーへに近いMannheimマンハイムでした。夫のドイツ歌劇場デビューもシュトゥットガルト州立歌劇場でした。

まだ20代だった私たちが、ドイツ語力ほぼ0、ツーリスト英語で住み始めたカルチャーショックで一杯のそれはそれは濃い日々を過ごした土地で、またその周辺に戻る(←私たちの感覚)だなんて、何とも言えないすごい縁だなと思います。

そして当時の友人たちがまだたくさんいてくれて、待っていてくれて、本当に心強いです。

 でも、あの方言をまた日常に聞くことになって、子供達はショックを受けるだろうなぁ😅

子供達にとっては、もちろん寂しい思いをさせてしまうので、私たちの古い友人たちの話、これから楽しみな話、キールでの大切な繋がりはこれからも一生続くこと、そうやって素敵な出会いはどんどん広がっていくこと等、日々ワクワクするお話をして、それでも出てくる不安は私たちが受け止めて浄化するつもりです😊

 

今日のレシピは、引越しに向けて、食材の整理もしつつ、子供達となんども焼いているパウンドケーキです。とっても簡単で、子供達も大好き😋バナナが熟すのが待てないほどです。

f:id:saki-bianca:20200603164522j:plain

🌟全粒粉バナナパウンドケーキ🌟

【材料】(パウンド型 26cm)

完熟バナナ 2本、

●卵 4個、牛乳 100g、植物油 100g、砂糖 120g、

○ 全粒粉 200g、アーモンドプードル 50g、ベイキングパウダー 5g、

 

【作り方】

準備:・オーブンは180度に予熱する。

・○印はボウルに入れ泡立て器でグルグル混ぜ合わせる。

・型にオーブンシートをセットしておく。(又はオイル(分量外)を塗っておく)

 

1、大きめのボウルに●じるしを泡立て器で砂糖が良く溶けるまで混ぜ合わせる。

 

2、1のボウルに○印を加え、全体に艶ぽくなるまで混ぜ合わせる。

 

3、バナナをフォークでつぶし、生地に混ぜ合わせる。

 

4、全体に混ざったら、型に流し予熱したオーブンで45〜50分焼き上げる。

 

*途中10分くらいのところで、生地の真ん中にナイフで切り込みを入れると綺麗に膨らみます。

 

f:id:saki-bianca:20200603164533j:image

Guten Appetit😋どうぞ召し上がれ😋

 

 

ドイツに来たばかりの頃、友人宅に行くと「ご自由にどうぞ!」という感じで、ケーキ型に入ったままのケーキとカトラリーが置いてあり、その雑多な感じに、それですらカルチャーショックだったのですが、今となっては子供達が甘い香りに我慢ならずに寄ってきて、端からなくなっていくので、合理的というか😅慣れっこになってしまったという。

焼き菓子は次の日の生地が落ち着いた頃が食べごろだと思うのですが、そういうのは気合いの入ったお誕生日ケーキくらいで、普段のオヤツはそれも良い思い出になるのでしょうね。

 


来週から、ここの州は小学4年生までが、ソーシャルディスタンス無しでの授業が再開されます。子供達にとっても、引っ越す前の思い出の土地での、残すところ僅かな時間を級友と過ごせるのは良かったな。と思う反面、大丈夫かな?というのも正直なところ。

ギムナジウム6年生の長女は、6月終わりから始まる夏休みまで、残すところあと1日のみで、しかも3分割された少人数制での登校です。

寂しいだろうなぁ…

 13年間にお世話になった方々と直接会って、集まって、感謝の気持ちを伝えられないのは、やはり心残りなのですが、再び人々が集まれる世の中になったら、必ず再訪しようと思っています。そうやって、縁が切れずに繋がっていると思えれば、またそれも幸せなことなのでしょう。

 

一気に規制が緩和されても、油断せずに、太陽のエネルギーをたくさん浴びて、良い空気を取り込んで、免疫力は高めていきたいです。

 

皆様もどうぞ健康で、明るい気持ちでお過ごしください。

 

 

スター・ブックマーク・コメントをいつもありがとうございます😊

id:ot_nailさん、

そうですね。ドイツが芸術・文化活動を除外視するということは、まずありえないと思います。これから、どういう道を辿っていくのか、まだ明確ではないですが、指標になるのでしょうかね。

 

id:kurumibookさん、

コーヒーも拘りだしたら、奥深いですね。

北ドイツもやっとお庭でコーヒータイムを取るのに気持ちの良い季節になりました😊