Moin Moin北ドイツに暮らす

食いしん坊オペラ歌手の夫と3人の食べ盛りの子供達との楽しい食卓、バイリンガル教育、音楽、オペラ情報等を北欧ほど近い北ドイツの街から、のんびりお届けします⭐︎

生姜がピリリ!骨付き鶏肉と里芋の甘辛煮〜ファッシング祭

昨日の記事に少しの発熱と書いたら、すぐに優しい言葉をかけて下さった方々、ありがとうございます😊少しの疲れが抜けないのか、未だに微熱続きですが、寝込むほどではありません。おそらく、気合いでそのうち治ります😂

生姜を効かせた甘辛煮と胡瓜とじゃこの酢の物(他前日の残り物)、お味噌汁とご飯という、身体に優しいザ・日本の家庭料理で体調を整えます😉

 

f:id:saki-bianca:20180213033548j:image

🌟鶏肉と里芋の甘辛煮🌟

 【材料】

鶏手羽元 6〜12本(600g)、冷凍里芋 500g、人参 2本、

生姜 1片、サラダ油 大さじ2、

水 200ml、酒 50ml、砂糖、醤油 各大さじ1、

 

*里芋は生でも大丈夫です。

*手羽元はドイツのものなら約6本、日本の物は約12本になります。

*鶏は手羽先でも良いですが、とにかく骨付きの方が良いお出汁が出ます。

 f:id:saki-bianca:20180213033553j:image

 【作り方】

1、生姜は薄切り、人参は乱切り、手羽元は食べやすいように骨に沿って切り込みを入れる。

 *冷凍でない里芋は、皮をむき食べやすい大きさに切る。

 

2、鍋に油を熱し、生姜の香りを出す。鶏肉に焼き目をつけて、人参、里芋も加え、全体に油を馴染ませる。

 

3、水、酒、砂糖、醤油を入れて落し蓋をし、途中、鍋を傾けて煮汁を回す。人参が柔らかくなるまで煮る。

 f:id:saki-bianca:20180213033601j:image

*自家製冷凍茹で里芋を使用した為、煮崩れが激しいです💦が、味は美味😏

 f:id:saki-bianca:20180213053555j:image

 

Guten Appetit 😋どうぞ召し上がれ😋

 

 

 

 

今日は、長男の幼稚園ではファッシングの仮装パーティがありました。

仮装といえば、ハロウィンが思い出されますが、ドイツではこちらの方がメインでそれもあってか、ハロウィンはあまり盛り上がりません。

ファッシングとは、簡単に言えば、イースター(キリストの復活祭)までの厳しい断食期間に入る前に催されていた、沢山食べて、騒いでの「どんちゃん騒ぎ」です😂

中央〜南ドイツでは、この時期5日〜7日に渡ってファッシング休暇があります。

残念ながら、北ドイツは休暇ではありません…

 

f:id:saki-bianca:20180213033628j:image

今回、長男は騎士に仮装しました。王子です〜🤴

 f:id:saki-bianca:20180213033738j:image

仮装した子供達が整列して、パーティ会場へ向かいます。

海賊、消防士、トランスフォーマー、騎士、プリンセス、ミニーちゃん、てんとう虫やポカホンタス等、小さな園児が本格的に仮装して、本当に可愛らしいです😊

 

 

 

 

スター、はてブ、はてブコメントをいつもありがとうございます😊

id:mashley_sltさん、

ありがとうございます。休める時に、短い居眠りをして何とか踏ん張っています💦

今日は背中にホッカイロを貼って過ごしました😉

 

id:s-kumakumaさん、

トルコ人の友人にも「粉もん」は大好評でした😋

男の子はいつまでママ一番!なのでしょうね?

私もいつか来るだろう距離感😢までの特別期間だと思っています😏

 

id:tenukitchenさん、

まだまだ、素直に可愛い長男です😊