Moin Moin北ドイツに暮らす

食いしん坊オペラ歌手の夫と3人の食べ盛りの子供達との楽しい食卓、バイリンガル教育、音楽、オペラ情報等を北欧ほど近い北ドイツの街から、のんびりお届けします⭐︎

旬に入りました!Pfifferlingアンズタケのクリームパスタ〜2018 佐渡オペラ《魔弾の射手》夏の公演を振り返る in 兵庫〜世界初演『紫苑物語』

日本はまだ残暑が厳しいのでしょう。ここキールは、随分と秋を感じられるようになってきました。

夏野菜の色鮮やかな旬を過ぎるのが残念ですが、秋はきのこが美味しい季節ですね😋

秋にイタリアを訪れた時は、ポルチーニ茸をはじめ、たくさんの種類のきのこが店先に並んでいて、思わず「わ〜!」と声をあげたのですが、ドイツで一般的に手に入りやすい旬のきのこと言えば、オレンジ色が綺麗なPfifferlingアンズタケです。

生だとそれほど香りは強くありませんが、シャキッと食感の良いきのこです。

 

f:id:saki-bianca:20180827023313j:image

 🌟アンズタケのクリームパスタ🌟

【材料】

スパゲッティ 500g、オリーブ油 大さじ1、アンズタケ 1パック、玉ねぎ 1個、ベーコン 5枚、白ワイン 大さじ2、生クリーム 200ml、茅乃舎の野菜だし 1パック、醤油 ほんの少し、塩、胡椒、

 

*アンズタケが足りなかったので、マッシュルームを加えました。

 

【作り方】

1、スパゲッティは塩を入れた大鍋で茹で、指示より少し早めにあげる。玉ねぎは薄切り、ベーコンは食べやすい大きさに切る。アンズタケは汚れをよく落とし、食べやすい大きさに分ける。

 

2、中華鍋にオリーブ油を熱し、ベーコンと玉ねぎを炒める。火が通ったら、アンズタケを加え炒め、白ワインを足す。野菜だしの袋を切って入れる。

 

3、茹で上がったスパゲッティを加え、生クリームを回しかけ、ほんの少しの(色がつかない程度、隠し味に)醤油、塩、胡椒で調味する。

 

お好みでみじん切りにしたパセリを散らして、

 

Guten Appetit😋どうぞ召し上がれ😋

 

 

 

夫・高田智宏が日本で出演したオペラから、もう1ヶ月近くが過ぎ、こちらや日本での次の作品の準備に追われる彼は、既に余韻に浸る事もないのですが…

2018佐渡オペラ『魔弾の射手』↓では、たくさんの高評価をいただき、私が出演したわけでもありませんが😅日本のクラシック音楽界が、少しでも広く多くの方の興味の対象になれば嬉しいことです😊

 

佐渡裕芸術監督プロデュースオペラ2018 魔弾の射手|兵庫県立芸術文化センター

 

f:id:saki-bianca:20180818064207j:image
f:id:saki-bianca:20180818064212j:image

ebravo.jp

音楽評論家・東条硯夫さんのブログ↓2018年7月22日の記事において。

東条碩夫のコンサート日記

 

f:id:saki-bianca:20180827023343j:image

夫・高田智宏は佐渡裕さんの後ろ↑。

 

次の日本で出演する公演は、来年2月の新国立劇場で行われる世界初演『紫苑物語』になります♪

www.nntt.jac.go.jp

 

音楽的にはかなり難解なオペラですが、さぁ、どのような演出でどのようなオペラに仕上がるのか!乞うご期待です😏

 

 

スター・はてブ・はてブコメントをいつもありがとうございます😊

id:centeroftheearthさん、

音楽、食、生活が私の興味の集中するところです。アロマやハーブティ、レメディ等、ドイツでは生活に割と溶け込んでいるので、知識も入りやすいです😉

id:mashley_sltさん、

長芋は炒めると火の通り加減で、シャキシャキからホクホクまで楽しめますよ😋

ドイツでは、病名が付くとかなり強いお薬も処方されますが、一般的な風邪やウィルス感染に関しては、ほとんど出されません。その代わり、病欠はどんな職業であろうと保証されます😉

id:pirapiralemonさん、

ありがとうございます😊是非、作ってみてください!

id:master9064さん、

ありがとうございます😊焼肉のたれ炒めって、なんでも美味しそうになりますよね!