Moin Moin北ドイツに暮らす

食いしん坊オペラ歌手の夫と3人の食べ盛りの子供達との楽しい食卓、バイリンガル教育、音楽、オペラ情報等を北欧ほど近い北ドイツの街から、のんびりお届けします⭐︎

教会でのクリスマス会〜子供と一緒でも失敗しないピザ生地で作るパン

水曜日から、小学校はクリスマス休暇に入っていますが、保育園、幼稚園は今週の金曜日まで登園可能です。

クリスマスも間近のこの時期は、園内での子供だけのお楽しみ会や親も参加可能なクリスマス会が催されます。

長男が通う教会系の幼稚園では、毎年クリスマスに合わせて教会で、保育園児〜年中さんは音楽発表会、年長さんは「Krippenspiel(キリスト降誕劇)」の発表が行われます。

一昨年と昨年は、夫の年末年始の仕事に合わせて日本で過ごした為に、次女の発表会参加は叶わなかったのですが、今年は長男の姿を見ることができました。

今年は、まず牧師さんがスライドで降誕劇のお話をしてくださり、小さな保育園児の出し物、年少さんの合唱、そして、年中さんの劇、年長さんは詩の朗読でした。

 

f:id:saki-bianca:20171222052446j:image

プログラムの途中で参加者全員のクリスマスソングもお決まりです♪

 f:id:saki-bianca:20171222052453j:image

モグラ役の長男。いつ練習したのか?結構な長さのセリフと歌を立派にやり遂げていました❗️何も知らされていなかったので、びっくりしすぎて、聴き入ってしまい、この写真1枚しか残らず、仕事で観に行けなかった夫に残念がられました💦

 

 

午後にはお約束していた長男の友人が遊びに来たので(次女の男友達は風邪の為に延期…ちょっとホッとしたりして💦)、おやつには園児が扱っても失敗しないパンを一緒に作りました😉

クッキー作りの女の子たちとは違って、もの凄く適当で、ふざけながらの作業でしたが😂それもまた楽しいですね🎶

 

このピザパン、Pizzabrötchen(ピッツアブレートヒェン)という名前で、スーパーでも袋に入って売っていて、ちょっとしたパーティにディップを添えて出されたりもします。

おうちで手作りしても、2次発酵の必要がなく、割と大雑把に作っても失敗がありません😉

 

🌟ピザ生地で作るパン🌟

【材料】

強力粉(Type550)360g、生イースト(Würfel frische Hefe) 半分(又はドライイースト 6g)、
オリーブ油 大さじ2、塩 小さじ1、

砂糖 小さじ1、ぬるま湯 220ml、

 

【作り方】

1、全ての材料をボウルに入れ、まとまるまでよくこねる。

 f:id:saki-bianca:20171222052407j:image

2、生地が滑らかになったら、少量の油を塗ったボウルに入れて濡れ布巾で覆い、暖かい場所で30分発酵させる。

 

3、1次発酵が終わったら、3〜4本の長細い円柱に成型し、ナイフで約3cm幅に切り分けていく。

f:id:saki-bianca:20171222052410j:image

*今回は子供達と丸めたら楽しめると思い、とても適当に😂丸めてもらいました。

それでも、出来上がりの見た目は可愛らしいです↓。

f:id:saki-bianca:20171222052403j:plain

4、230度のオーブンで12〜15分明るいきつね色になるまで焼き上げる。

 

ハーブやにんにく入りのクリームチーズをディップに添えて、熱々をどうぞ召し上がれ😋

Guten Appetit😋

 

 

キッチンから「焼けたよ〜!」と、出た先の廊下では、スーパーボールと子供達が笑い声と共に飛び交っていましたが、心配していたクリスマスデコは壊されることなく、無事でした😂

 

5歳になったばかりの長男の大きな成長を見ることができた1日でした😊