Moin Moin北ドイツに暮らす

お料理、雑貨、3人の子育て、バイリンガル教育、音楽、オペラ情報等を北欧ほど近い、北ドイツの街から、のんびりお届けします⭐︎

ふんわりジューシー、野菜たっぷり煮込みハンバーグ〜末っ子の成長過程で幼いお姉ちゃんずを思い出す😊

今年の冬は、日本も寒そうですね❄️ここ北ドイツも2月に入って急に寒波がやって来て、先週降った雪もまだ所々溶けずに残っています。

まだ、しばらくマイナス気温の日がきそうですが、それでも、そこら中にクロッカスの蕾が芽吹いてきたり、美しい鳴き声の鳥達が始終歌っているのを聞くと、こちらの心も春めいてきます😊

春はすぐ近くまで来ていますね〜🌷

f:id:saki-bianca:20180220173038p:plain

f:id:saki-bianca:20180220173051p:plain

 

食卓も少し彩り豊かに😏煮込みハンバーグとシーザーサラダにしましたよ〜。

 f:id:saki-bianca:20180220182616j:image

🌟野菜たっぷり煮込みハンバーグ🌟

【材料】(8〜10個分)

ハンバーグの具:ひき肉 1kg、人参 1本、玉ねぎ 1個、茹でたほうれん草(又は冷凍ほうれん草) 80g、パン粉 1/2カップ、牛乳 大さじ3、卵 1個、塩 小さじ1、

 

トマトソース:(トマト缶 1缶、赤ワイン 50ml、みりん 大さじ1、コンソメ 1/2〜1個分、にんにく 1個)X2

 

*トマトソースは、ひき肉500gで作るハンバーグにちょうど良い量なので、フライパンを分けて、2倍で作ります。

 

【作り方】

1、人参はすりおろし、茹でたほうれん草と玉ねぎはみじん切り、パン粉は牛乳でふやかしておき、卵は溶きほぐす。

 

2、大きめのボウルに具の材料を全て入れ、ツヤが出るまで良くこねる。

 

3、フライパンに油(分量外)を敷き、8〜10等分にしたハンバーグの具を小判形に成形して、両面焼き目をつける。(フライパン1つにつき、4〜5個焼く。)

 f:id:saki-bianca:20180220182639j:image

4、焼き目がついたら、赤ワイン、トマト缶、みりん、包丁の腹で潰したにんにく、味をみながらコンソメを入れて、火が通るまで蓋をして煮込む。

 f:id:saki-bianca:20180220183214j:image

*お好みでモツァレラチーズや溶けるチーズをのせても美味しいです。火を止めてから、チーズをのせ蓋をして、余熱でチーズが溶けたら出来上がりです。

 f:id:saki-bianca:20180220182717j:image

Guten Appetit😋どうぞ召し上がれ😋

 

 

 

最近になって、再び長男がママっ子になっています。

少しの間、お遣いに出たり、幼稚園に送って離れる際もそう、寂しそうに「ママ〜。」と言って涙を浮かべたり😢

これが今しかないという事は、お姉ちゃんず二人をみてきて分かっているので、

尚更、心がキュンとしてしまいます。

ほんの5分の道のりを嬉しそうに手を繋いでブンブンさせながら二人で登校した長女、幼稚園のお迎えでは、私の顔を見るなり「ママぁ〜!!!」と、満面の笑みで飛び込んできてくれた次女😍

今でも可愛いけれど、心も体も全てを全身で委ねてくれていた時期から、少しずつ落ち着いてきています。

日本では、春は別れと出会いの時期。子供達の成長を一層強く感じる時期だからか、そんな風に少し思ってしまうのかなぁ〜。

 

あ、ここはドイツの北の果て。ちっともそういう、感傷的な季節ではありませんよ〜😂

 

 

 

スター、はてブ、はてブコメントをいつもありがとうございます😊 

 

id:mashley_sltさん、

お料理は後からでも修正がきくものが結構あるように思えますが、お菓子作りは本当に繊細です。

なので、私は長年、手をつけられない領域でした😂

 

id:s-kumakumaさん、

うがいの前にとにかく、喉が渇いていたらしいです😂

 

ブログのレシピから早速作っていただいて、とっても嬉しいです!!!

ありがとうございました。
日本のキャベツは、色がとても鮮やかですね。これから出回る春キャベツも柔らかくて甘くて美味しいのだろうなぁ〜😋

 

日曜日のお昼ごはんと晩ごはん - 葉月日記