Moin Moin北ドイツに暮らす

お料理、雑貨、3人の子育て、バイリンガル教育、音楽、オペラ情報等を北欧ほど近い、北ドイツの街から、のんびりお届けします⭐︎

残ったご飯で簡単!南瓜とセージのクリームリゾット〜オペラ『仮面舞踏会』の舞台裏:衣装合わせとミシン

野菜の数が減るこの時期は特に、ハーブが鉢植えで売っていると、普段あまり買わない種類にもつい手を伸ばしてしまいます。 

キッチンに緑のハーブたちが並んでいると、暗い冬でも少しウキウキするのです😊

セージの葉もモサモサ生えた鉢植えを買ってしまったので💦お料理に使ったり、ハーブティとして飲んだりします。

 

セージには、風邪予防、美肌効果に加え、免疫力向上も期待できるそうで、この時期にもぴったりですね😉

 

f:id:saki-bianca:20180111213253j:image

🌟南瓜とセージのクリームリゾット🌟

 

【材料】(2人分)

 南瓜 1/8個、玉ねぎ 小1個、人参 1/2本、

ニンニク 1片、ベーコン 2枚、セージの葉 8枚、

オリーブ油 大さじ1、ブイヨン 400ml、

生クリーム 100ml、ご飯 2膳分、黒胡椒、

 

【作り方】

1、南瓜は種を取り皮をむき、小さく切る。(皮は入れるならみじん切りにする。)

玉ねぎ、人参、ニンニクはみじん切りにする。ベーコン、セージは細切りにする。

 

2、鍋にオリーブ油を熱し、ニンニクの香りを出す。玉ねぎ、人参、南瓜、ベーコンも順に炒める。

 

3、野菜に油が回ったら、ブイヨン200mlを入れ、セージも散らす。野菜が柔らかくなるまで煮る。

f:id:saki-bianca:20180111213301j:image

 

4、ご飯を入れ、さらにブイヨン200mlを加え、全体に温まるまで火を入れる。

最後に生クリームを足し、丁度良い水加減になる(モッタリする)まで弱火で煮る。

f:id:saki-bianca:20180111213331j:image

 

黒胡椒をかけて、どうぞ召し上がれ😋

 f:id:saki-bianca:20180111213417j:image

 

 Guten Appetit😋

 

 

 

先日、キール歌劇場専属オペラ歌手の夫の衣装合わせがあったので、くっ付いて行きました😊

 1月27日に初日公演を迎えるヴェルディ『仮面舞踏会』のレナート役です。

仮面舞踏会 (ヴェルディ) - Wikipedia

 

 

衣装を作る衣装係さんの所にあった、絵コンテ↓

f:id:saki-bianca:20180111213815j:image

今回の衣装デザインさん(←衣装を作る人でなく、衣装のデザインを決める人)は、歌劇場専属ではなく、イタリアから来た方でドイツ語が不自由だったので、イタリア語、スペイン語、英語、ドイツ語が飛び交う衣装合わせでした…

本来なら、ちゃんとした通訳がつくと思うのですが…

 

絵コンテだけでは分からない、素材感はまだお伝えできないのですが…

今も現役で使われている年代物の足踏みミシンで、衣装を作り上げていくそうです。

f:id:saki-bianca:20180111213826j:image

 Durkopp社とAdler社が合併する前のAdler社製のミシン↑

ウールやシルク等、マルチに使えるそうです。

 f:id:saki-bianca:20180111213831j:image

古き良き時代のPfaff社のミシン↑

ベルト等の厚手の革製品もスイスイ縫える優れもの!

鋳物で作られた本体に惚れ惚れします😊

 

日本のミシンメーカー「JUKIジューキ」も話題になったのですが、ドイツ語では「ユゥキ」と発音するので、ちょっとだけ、どのメーカーか考え込んでしまいました😂

 

オペラが舞台上で演奏されるまでにも、本当にたくさんの人の手がかかっているのですよね。

 

たまには、舞台裏を覗くのも楽しいです。

 

また、夫にくっ付いて行っちゃおうかな😏

 

www.theater-kiel.de