Moin Moin北ドイツに暮らす

お料理、雑貨、3人の子育て、バイリンガル教育、音楽、オペラ情報等を北欧ほど近い、北ドイツの街から、のんびりお届けします⭐︎

時短!車麩オニオングラタンスープ〜幼稚園の給食inドイツ

北陸に住む親戚から日本に帰省した際にもらった車麩、関東出身の私たちはあまり食べる習慣がなくて、どうやって調理したら美味しく頂けるのか…と、沖縄の麩チャンプルー風にしてみたり、お鍋に入れてみたりしています。

そして、今回は子供達も好きなオニオングラタンスープのフランスパン代わりに使ってみました。

熱々、もちもちでした〜😋

f:id:saki-bianca:20180110032830j:image

🌟時短オニオングラタンスープ🌟

【材料】(5人分)

玉ねぎ 4個、バター 大さじ1、コンソメスープ 1L、ニンニクパウダー 小さじ1、

ローレルの葉 2枚、車麩 又はフランスパン(ガーリックトーストでも!)、

溶けるチーズ、塩、胡椒、パセリ、

 

【作り方】

1、車麩はたっぷりの水で戻し、よく水気を切る。玉ねぎは薄切りにして、耐熱皿に入れラップをかけて5分電子レンジにかける。

f:id:saki-bianca:20180110032835j:image

 

2、玉ねぎをバターを溶かした鍋に入れ、飴色になるまで炒める。

f:id:saki-bianca:20180110032840j:image

3、コンソメスープとローレルの葉を入れ15分煮込む。塩味が足りなければ塩で調味する。

オーブンを220℃に予熱する。

 

4、オーブン可能なスープ皿にスープ、車麩(薄く切ってトーストしたフランスパン又はガーリックトースト)、溶けるチーズを順に入れ、胡椒をふる。

f:id:saki-bianca:20180110032907j:image

 

チーズに焦げ目がつくまで8分〜10分くらい焼く。 f:id:saki-bianca:20180110040126j:image

*手前がガーリックトースト、奥が車麩です。車麩は、もっちりしていてボリュームがあります。

 

ちなみにガーリックトーストは次女用、チーズ嫌いの長男にはフランスパンをトーストしたものだけを乗せて焼きました😂

 

Guten Appetit 😋どうぞ召し上がれ😋

 

手元に実際にあるのだけれど、「車麩」って一体何?と思って、インターネットで調べようと

開いたら、ちょうど「はてなキーワード」が「車麩」でした。なんというタイミング😂

未だに「はてなブログ」のシステムを理解できていないので、ここで記事を上げれば

「はてなキーワード」の検索に引っかかるのかは??なのですが…

 

 

 

さて、話は変わって、

「子供達に今日の給食は何だったの?」

とよく質問するのですが、

 

先日は、長男が大きなため息と手のひらを上にあげるジェスチャーともに、

 

「スパゲッティだけ…しかも、ソースなし!

と、答えるので、

 

私「え!それはないでしょう!」「ボロネーゼとか、トマトソースとか、ブラウンソースとか

何かはあったのでしょ?」

 

長男(すごく嫌そうに)「けーぜぞーぜー😩(Käsesoßeチーズソース)」

 

私・おねーちゃんず「笑笑笑」

 

長男「だって、臭くて不味いんだもん!😤」

 

嫌いなものは無理して食べなくて良いことになっているドイツの給食、

日本の様に何品も出されないので、ソースなしスパゲッティだけの日もあり得るのです…

チーズ、ケチャップ、マヨ、ソース嫌いの長男には度々あることですが、

味気のない麺だけを昼食に食べてきただけだなんて、やっぱり可哀想です😢

 

日本の給食って改めて素晴らしいです。