Moin Moin北ドイツに暮らす

お料理、雑貨、3人の子育て、バイリンガル教育、音楽、オペラ情報等を北欧ほど近い、北ドイツの街から、のんびりお届けします⭐︎

そら豆の茹で方〜そら豆で思い出すこと〜そら豆と海老のパスタ(おまけ:お気に入りのパン屋さん)

朝市で買った1.5kgのそら豆、さやからお豆を取り出したら、450gにしかなりませんでした…随分減るだろうな、とは思っていたけれど、これだけ!っと、ちょっと驚きました😂

それでも、今が旬のそら豆は、やっぱり鞘ごと買って新鮮なものを調理したいです。

期間限定ですから❗️

 

f:id:saki-bianca:20170720172951j:image

【そら豆の茹で方】

1、鞘から出したそら豆をざっと洗い、少し凹んだ部分に包丁で切り目を入れる。

 

2、そら豆450gに対し、塩大さじ1強を手でまぶしからめる。

 

3、沸騰させたお湯に入れて、2分加熱したら、ザルにあげる。

 

Guten Appetit😋

 

亡き父が、旬の時期には塩茹でそら豆を皮ごと(←念のために、鞘ごとじゃないですよ。)

豪快にお酒のおつまみに食べていたのを思い出しました😊

 

そして、そら豆と言えば、やっぱりこの絵本↓❗️

そらまめくんシリーズは子供達も大好きな絵本です。

今日のそら豆たちもふわふわのベッドに包まれていました😊

 

www.ehonnavi.net

 

f:id:saki-bianca:20170720172945j:plain

 

茹で立てのそら豆は、皮をむいてから、海老と一緒に白ワイン仕立てのオイルパスタにして頂きました😋

大人用には唐辛子を入れて、ペペロンチーノ仕立てにしても美味しいと思います。

 

 

おまけ:

マルクト(朝市)からの帰り道にあるフランス系パン屋さん。以前にも紹介したことがありますが、お店の雰囲気が良くて、パンもドイツパンとはまた違った美味しさがあり、たまに寄りたくなります。

 

saki-bianca.hatenablog.com

 

www.restez.de

 

f:id:saki-bianca:20170720173621j:plain

 

いつもはフランスパンとクロワッサンを買うことが多いのですが、今回はそれぞれゴマ、ケシの実、ひまわりの種がまぶされた丸いパンを購入しました。

 

f:id:saki-bianca:20170721032934j:plain

 

新鮮フルーツがたくさん乗せられたタルトも美味しそう〜。

 

f:id:saki-bianca:20170720173627j:plain

幼稚園帰りの長男も一緒だったので、ワッフルとりんごジュースをカウンター席で食べさせたのですが、壁にかかっていたこの写真を見て、

「ママ…手が…」と😂

写真家ロベール・ドアノーの『ピカソのパン』という作品ですね。

〈ピカソのパン〉と〈ピカソの手〉をかけたユーモアある一枚。

長男は本物の手だと思ってしまったようです😂

きちんと教えたら、安心した顔をしていました。

何とも可愛らしい💕(←親バカです

 

いつもは車で送り迎えする道を、腹ごしらえが効いたのか、ずんずん元気に家路に着きました😉