Moin Moin北ドイツに暮らす

お料理、雑貨、3人の子育て、バイリンガル教育、音楽、オペラ情報等を北欧ほど近い、北ドイツの街から、のんびりお届けします⭐︎

思い立ったらすぐできる!計量カップでザックリ作るリンゴケーキ(おまけ:ドイツの病院)

ドイツの子供たち、幼稚園や学校に昼食じゃなくて朝食(というより、感覚的には10時の軽食)を持参するのですが、その内容は、ハムやチーズを挟んだ丸パンや、人参、胡瓜、パプリカ等のスティック野菜とか果物といった簡単なもの。

内容が単純なので朝が苦手な私でも💦日本のお弁当の様に大変なことはないのですが、

バリエーションが少なすぎて、子供たちが飽きるために、果物はいつもいろいろと買い置きしてあります。

そして、一時飽きられてしまい痛んでくる果物たち…私が生の果物にアレルギーが

多いのもあって、火を入れて食べるしかなくなってしまいます。

 

そんな時は、友人から教えてもらったこのリンゴケーキ、材料をどんどん混ぜていくだけで、ものすご〜く簡単なのにとっても美味しいです😋

 

今日は、リンゴだけでなく洋梨も痛んできたので、洋梨も一緒に。

ついでにアーモンドプードルも余っていたので、小麦粉の一部に代用。

少々アレンジしても失敗なしです😉

 

f:id:saki-bianca:20170616220017j:image

 

 🌟計量カップでザックリ作るリンゴケーキ🌟

 

【材料】

 砂糖 1カップ、サラダ油 1/2カップ、

卵 2個、

小麦粉 2カップ(または小麦粉11/2カップ+アーモンドプードル1/2カップ)、

ベイキングパウダー 小さじ1、

塩 ひとつまみ、シナモン 小さじ2強、

リンゴ 3個(または洋梨)

 

f:id:saki-bianca:20170616220024j:image

 

【作り方】

1、ボウルに砂糖とサラダ油を混ぜ合わせる。

 

2、卵を加え混ぜる。 

 

3、シナモン、塩、ベイキングパウダー、小麦粉を混ぜる。

(下↓のように、小麦粉の粉がうっすら残るくらいで、混ぜ過ぎない。)

 

f:id:saki-bianca:20170616220041j:image

 

4、角切り又は銀杏切りにしたリンゴを混ぜ合わせる。

 

 f:id:saki-bianca:20170616220102j:image

 

5、オーブンシートを敷いた型に流し込み、160度で40分焼く。

竹串で焼き具合を見て出来上がり。

 

 f:id:saki-bianca:20170616220110j:image

 

 *22cmの丸型を使用。もっと大きめの角型で焼いてもサクッと薄型のケーキになりますが、また違って美味しいです。

 

Guten Appetit😋

 

 

 

おまけ:

先日から腹痛が続いていた長女を小児科に連れて行こうと、予約を取りました。

ドイツでは必ず事前予約が必要なのですが、その日のうちに取れたので運が良い方。

1時間ほど待合室で待って、診察してもらい、盲腸でも膀胱炎でも腸に異常な動きが

あるわけでもないので、薬はなし!

帰宅後母にそのことを話すと、

「お薬もらえないの?!整腸剤くらい出してくれても良いのに。」と、

驚いていました。

そうなのです。ドイツでお薬が出るときは、一回につき日本の倍量くらいでますが💦、

大体バクテリア感染でない限り、処方されることはありません。

「温かくして、お腹のマッサージをしてね。」と言われました😂

むやみやたりにお薬が処方されないのは、辛い時もありますが、体力がある人にとっては

自己治癒力は上がりそうですね🤔