Moin Moin北ドイツに暮らす

お料理、雑貨、3人の子育て、バイリンガル教育、音楽、オペラ情報等を北欧ほど近い、北ドイツの街から、のんびりお届けします⭐︎

お弁当用ミニハンバーグ❣️(舞台続きの週末♪)

今日からサマータイムが始まりました😊
わずか1時間、時計が進むのが早くなっただけなのですが、

朝は1時間早く起きなければいけないし、夜もなかなか暗くならないし、

しっかり時差ボケ気分です😂

 

今日は夫がリューベックに体調不良の歌手の代役として、日帰り出張しています。

ドイツには、たくさんの都市に歌劇場があるので、急な病気で本番に出られない歌手のために、同じ声域の歌手が代役することがよくあります。

今回は、キール歌劇場でも公演中のロッシーニ『ランスへの旅』のDon Alvaro役でしたが、レパートリーにある役はいつでも声がかかる可能性があります。

しかも、病欠代役なので本番1〜3日前に電話がかかってくることがほとんどです!

 

f:id:saki-bianca:20170327013859j:image

 現地入りしてから、レストランを探すのも時間がもったいないとのことで、お弁当を持って行きました。

 

・おにぎり・ミニハンバーグ・ポテトサラダ・マッシュルームのバター醤油炒め

・煮豆・塩ゆでブロッコリー・ミニトマト・ぶどう

 

夫のお弁当は、右奥黒の2段弁当、あとは子供達の分です。

(私の分は、詰めるのが面倒で残ったものを後でワンプレートにします💦)

子供達用にもお弁当に詰めてあげると、おやつ後からすでに待ち切れず、

お夕食にはウキウキしながら食べてくれるので、たまにはいいかなぁ😏

私は冷めたものより、やはり温かいお食事の方が良いですが😂

 

 

ハンバーグの具材と配分はいつからか、これで固まっています😉

パン粉の量が少し多めですが、ドイツのひき肉は少し硬めなので、このくらいで

お弁当に入れて冷めても柔らかく食べやすいです。

人参のすりおろしは、子供達に少しでも多くの野菜を!という思いから😊

 f:id:saki-bianca:20170327013909j:image

 【材料】

ひき肉 500g、玉ねぎみじん切り 1/2個分、人参摩り下ろし 小1本分、

卵 1個、
パン粉(サンドイッチ用パン1枚をブレンダーにかけたもの)、

牛乳 大さじ2、塩 小さじ1(塩は肉の1%)、胡椒

 f:id:saki-bianca:20170327013924j:image

ミニハンバーグの両面に焦げ目をつけたら、フライパンが焦げつく前に、

赤ワイン、ソース、ケチャップを入れて蓋をし、煮絡めます。 

お弁当に入れる場合、後からソースを多めに作るより、少なめのソースを煮からめて

味を染み込ませると、液ダレすることもなく、冷めても美味しく頂けます。

 

Guten Appetit😋

 

 

子供達は、 金曜日のオペラ『ラインの黄金』の舞台に続き、土曜日は合唱団のチャリティコンサートでした。交流のあるタンザニアの団員の方も参加し、アフリカの大地を感じるリズム感溢れる音楽に、夫は何を感じたのか、

 

「考えながら声を出すことに疲れたな…」🙄

(おい、大丈夫かい😂)

 

アフリカの方々の声域に関係なく、男性でもソプラノ域を出したり、動物の様な声をリズムに乗せたり、感じるがままに身体を揺らしたりする様子が、あまりにも人間らしく、自然で、圧倒されたのでしょうかね〜。

 

子供達は、ワーグナーの音楽とは全く違うものをどう捉えているのか?

きっと、どちらも感じるがままに充実感と一緒に、身体に染み込んでいくのでしょうね😉

 

 f:id:saki-bianca:20170327013930j:image