Moin Moin北ドイツに暮らす

お料理、雑貨、3人の子育て、バイリンガル教育、音楽、オペラ情報等を北欧ほど近い、北ドイツの街から、のんびりお届けします⭐︎

寿司酢で簡単❗️カリフラワーのマリネ(おまけ:本の読み聞かせ)

カレンダーを一枚めくったら、お雛祭りが間近に迫っていてビックリしました🎎

ご自宅でちらし寿司等、作る方も多いと思うのですが、寿司酢が余ったら、

ゆでた野菜をマリネにしてしまうのも手です😉

 f:id:saki-bianca:20170301182611j:image

 

1、カリフラワーは小房に分け、固めに茹でる。

2、ボウルに寿司酢とオリーブオイル

(1:1)を合わせマリネ液を作る。

3、茹で上がり、水気を切ったカリフラワーを2のボウルに入れ、混ぜ合わせる。

 

お好みで、松の実(←是非入れてください)、輪切りにしたオリーブの実を入れる。

黒胡椒をかけても合います。

 

Guten Appetit😋

 

ちなみに、私の寿司酢の配合は、

(4合分)酢 100ml、砂糖 大さじ3、塩 小さじ11/2〜2  です。

 

実は、カリフラワーのマリネはうちの定番料理で、余っている寿司酢がない時には、

これ↓で簡単に作っています。こちらのレシピの方が、砂糖の分量が少ないので、

どちらかというとさっぱりしています。(長女はこちらの方が好みらしい😁)

 

酢、オリーブオイル、松の実、各大さじ2、

砂糖 小さじ1、塩ひとつまみ

 

 

先月は、お寿司クラスの試作で手毬寿司を何度か作ったので、お雛祭りの食事は

何にしようか考え中…無難にちらし寿司かなぁ🤔

 

(おまけ)

子供達を寝かしつける前に、日本語教育もあって、赤ちゃんの頃から、

できる時は絵本の読み聞かせをしています。

 

今日、長女に読んだのは、宮沢賢治『注文の多い料理店』。

私も小さい頃読んだけれど、なかなかモヤっとする感じの内容です。

長女にも少し「⁇」でしたが、

単純に「死んだはずの白い犬が、どうして助けに来たの?」

「実は、気を失っただけだったとか?」

 

この、子供との物語を紐解く様なやりとりが面白かったりするのです😏

でも、あまり突っ込むと、かえって眠れなくなりそうですね…