Moin Moin北ドイツに暮らす

お料理、雑貨、3人の子育て、バイリンガル教育、音楽、オペラ情報等を北欧ほど近い、北ドイツの街から、のんびりお届けします⭐︎

カマンベールチーズフォンデュ(おまけ:長女がする歯磨き教育⁈)

ドイツのどのスーパーでも手に入りやすく、オーブンで溶かしたチーズに、野菜やパンを絡めながら頂くお料理があります。

子供達も好きで野菜が進むので、それ専用のチーズ↓を買うことも多かったのですが、

食べそびれていたカマンベールチーズが冷蔵庫にあるのを思い出しました。

そう言えば、わざわざ専用チーズでなくても、カマンベールやブリーチーズでもできますよね…

 

www.rougette.de

 

 

 

f:id:saki-bianca:20170921013223j:image

🌟カマンベールチーズフォンデュ🌟

【材料】

カマンベールチーズ 1個、黒胡椒、

付け合せの茹で野菜(人参、じゃが芋、ブロッコリー、マッシュルーム)

 

【作り方】

1、カマンベールチーズの上部表面の白い部分を周りを少し残して、削ぎとる。

 f:id:saki-bianca:20170921013230j:image

 2、野菜を茹でている間に、オーブンで焼く。

(180度予熱なしで、程よく溶ける位焼いてください。)

 f:id:saki-bianca:20170921013236j:image

 3、黒胡椒をかけ、茹でた野菜やパンと一緒に盛り合わせる。

 f:id:saki-bianca:20170921031543j:image

 *今回は、にんにく入り黒胡椒を使いました。焼く前にスライスしたニンニクを乗せたり、パプリカパウダーを振っても美味しいです。

 

Guten Appetit 😋

 

 

おまけ:

デザートに出したブドウを頬に詰め込んで、

「ママ〜、見て❗️虫歯になっちゃったぁ。」

と喜ぶ長男を見て、

「違うよ、虫歯はこうだよ。」

「アウアアア〜(←ドイツ語の痛いの意)、イッタタタタタ!!!!!」

と、演技力抜群の長女に目をまん丸くした表情の長男😂

 

私に優しく両頬をふんわり触って欲しかっただけの長男には、衝撃的な演技だったのか、歯みがきの時間には、口に残った食べかすを「ベー。」っと舌に乗せて、

「ママ、虫バイキン出てきたよ!」と見せてくれました。

痛い思いはしたくないよね〜😏😊

 

 

 

 

 

玉ねぎの甘さが決め手!鶏モモ肉のグリルカレー風味(おまけ:長男と次女の境遇)

昨日のお夕食を作っている時に長男が通り様に、

「カレーが食べたかったのにぃ〜。」

と呟いたのが耳に残っていたのですが、

玉ねぎをじっくり炒める時間も、鶏モモ肉をさばく時間もなく、カレー風味のグリルにしちゃいました😂

そして長男は、自分の手のひらより大きな鶏肉の端にアルミホイルを巻いて、満足そうに豪快にかぶりついていました😏

 

f:id:saki-bianca:20170920041335j:image

 🌟玉ねぎの甘さが決め手!鶏モモ肉のグリルカレー風味🌟

 

【材料】

鶏モモ肉 5本、玉ねぎ 大3個、じゃが芋 約500g、

カレー粉 小さじ1、塩胡椒、

 

【作り方】

1、オーブンは180度に予熱する。

もも肉全体に塩胡椒とカレー粉をまぶし、油を熱したフライパン(鍋)で中火で両面焼き目をつける。

 f:id:saki-bianca:20170920041345j:image

 2、じっくり焼き目をつけている間に、玉ねぎを薄切りにし、じゃが芋は食べやすい大きさに切る。

 

3、じゃが芋は塩茹で(又はレンジで柔らかく)する。じゃが芋を火にかけている間に、フライパン(鍋)の鶏肉を一度取り出し、玉ねぎを炒める。

 f:id:saki-bianca:20170920041352j:image

4、玉ねぎがしんなりしたら、鶏肉を上に乗せ、オーブンで25分焼く。 

 f:id:saki-bianca:20170920041408j:image 

5、火を通したじゃが芋を肉汁を吸うように肉の下の方に入れ、さらに20分焼く。

 

f:id:saki-bianca:20170920043759j:image

 *今回オーブンに入れられるSilitのお鍋↓で一気に作りましたが、もし無ければ工程4で耐熱皿に移し替えてください。

www.wmf.co.jp

 

Guten Appetit 😋

 

鶏モモ肉と玉ねぎとじゃが芋を基本にオーブン焼きするお料理はドイツでも多いです。

季節によっては(カレー味に限らず)、栗、プルーン、トマト、りんご等を合わせたりもしますよ😋

 

 

 

おまけ:

 

私「今日は幼稚園で誰と遊んだの?」

 

長男「リュイ👧🏻とユーニス👱🏼‍♀️とタビータ👩❗️」

「あ、でもお友達増えたよ。エーリンとリーナ❣️」

 

なかなか男の子の友達ができない長男。大抵、女の子とばかり遊んでいます😂

 

そして、次女を小学校に迎えに行った時のこと。

次女「明日、エリーアス(男の子)と遊ぶ約束したよ。ママ、おうちに呼んでもいいでしょ。」

現地校(男子16:女子7)でも補習校でも圧倒的に男の子の比率が多いクラスに巡り合わせがある次女。男の子の方が気も合うのかな?!

 

女子は女子、男子は男子同士で遊んでいた覚えがある私からしたら、興味深いのですが、これからどんなお友達が増えて行くのか、ちょっと楽しみです😏

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

南瓜のそぼろ煮〜デザートにパパイヤボード

子供達を見送りに玄関先に出ると息が白い❗️朝の気温が10度を切るようになってきました…まだ、9月なのに。

なるべく、体を冷やさないように〜と、温かい食事を考えましたが、

デザートは南国⁈あまりの違いにまとめようもないのですが💦美味しそうなパパイヤと目があったら、アイス買わなきゃ!となってしまいました😂

 

 

f:id:saki-bianca:20170919035303j:image

🌟南瓜のそぼろ煮🌟

【材料】

南瓜 小1個(500g位)、ひき肉 300g、生姜、

出し汁 500ml、砂糖 大さじ2、味醂 大さじ1、

醤油 大さじ3、片栗粉 小さじ2強、

 

【作り方】

1、南瓜は種を除き、3cm程の大きさに切り分ける。生姜はみじん切りにする。

 

2、鍋に油を熱し、生姜と一緒にひき肉を炒める。途中で南瓜を加える。

 f:id:saki-bianca:20170919035317j:image

3、ひき肉の色が変わったら、 出し汁を注ぐ。

アクが出れば取り除く。

砂糖と味醂を加え、2、3分甘味を馴染ませたら、醤油を足す。

 f:id:saki-bianca:20170919035334j:image

 4、水分が半分くらいになったら、水で溶いた片栗粉でとろみをつける。

 f:id:saki-bianca:20170919035336j:image

 *片栗粉を加えたら、強火で1分以上火を入れると、とろみが長持ちするそうですよ😉

 f:id:saki-bianca:20170919035345j:image

 Guten Appetit 😋

 

 

先日、スーパーでパパイヤを見かけて、何となく懐かしくなって買ってみました。(ドイツのスーパーで見ることは滅多にないので、もう十数年振りくらいかも😳)

いつもバニラアイスは、スーパーで買うならハーゲンダッツが多いのですが、パパイヤに合わせるなら、もっとふわっと軽めでバニラビーンズが効いているのが合うかなぁ、と、バニラビーンズ入りジェラートにしました。

飾りにミントがあればもっと良かったけれど、新鮮そうなミントが売っていなくて…

「ミントがあれば良かったのに…」と呟いたら、ジェラートを乗せている側にワラワラいた子供達が横から、タイムやパセリや終いには、おもちゃの葉っぱまで乗せようとしたので、

「さぁ、スプーンをテーブルに出して❗️」

と食卓に追いやりました😂

 f:id:saki-bianca:20170919035349j:image

私が子供の頃に南国のフルーツ(パパイヤやマンゴーとか)を初めて食べた時は、慣れない香りに美味しいとは思えなかったのですが、お姉ちゃんずには意外にも好評でした。

見たことのないものには、いつも慎重派の長男は、味見もせずに、アイスと苺で満足していましたよ😂

珍しい物を食べる時の子供達の反応が面白くてたまりません😏😂

 

 

 

 

 

しっとりふんわり❗️ママのパンケーキ(小麦粉300gでたっぷりと😉)

日曜日は唯一、ゆっくり寝ていられる朝❗️

子供達はいつもの様に「お腹が空いた〜。」と、起こしにくるのですが、

朝型夫が「しょうがないな〜。そうだよね…」と、のっそり起きて子供達に付き合ってくれます😉もちろん、その日に公演がない時に限りますが、本当にありがたい〜。

日曜の11時には友達とのお勉強会に出かけてしまう長女、いつも昼食はとる時間がないので、ブランチくらいがちょうど良いです。
ちなみに、ドイツでは日曜の朝はゆっくり起きてカフェでのんびりブランチをとる人も多いです。

 

そして、今朝のブランチは子供達も大好きなパンケーキにしました。

お食事パンケーキは、十分な分量でたっぷり生地を作り、大きさは小さめに枚数を多めに焼きます。そうすると、余っても保存しやすく、小腹が空いた時のおやつにもなります😉

 

f:id:saki-bianca:20170917184745j:image

 🌟しっとりふんわり❗️ママのパンケーキ🌟

 

【材料】

卵 3個、砂糖 大さじ3弱、牛乳 300ml、小麦粉 300g、

ベーキングパウダー 大さじ1、塩 ひとつまみ、

 

*Bpは小さじ3の方が覚えやすいですかね😏

 

【作り方】

1、大きめのボウルに泡立て器で卵をよく溶きほぐし、砂糖をすり混ぜて、

牛乳を入れる。

 

2、小麦粉、ベーキングパウダー、塩を一緒に1のボウルにふるい入れ、

滑らかになるまで混ぜ合わせる。

 

3、フライパンをよく温め、一度濡れ布巾の上に置き、弱火にして生地を好みの大きさに広げ、焼く。

 

4、表面がポツポツしてきたら、裏返して30秒〜1分ほど焼き目がつくまで焼く。

 

Guten Appetit😋

 f:id:saki-bianca:20170917184752j:image

 今日の付け合わせは、チーズ入りウインナーのベーコン巻きとサラダ、トマトとアボカドとオリーブ、ぶどうとブルーベリーとバナナにしました。

他には定番のメイプルシロップ、はちみつ、バター、チーズをお好みで😋

 f:id:saki-bianca:20170917184758j:image

ほんのり甘いパンケーキは、野菜にもベーコンにもフルーツにも合います。

 

f:id:saki-bianca:20170918031602j:image

テーブルに並べられたパンケーキを見たときの子供達の歓声がいつもたまらないのです😊

小学生になったお姉ちゃんずは、フォークとナイフを使って上手に食べることができますが、園児の長男はまだ、小ぶりのパンケーキを手でつかんで両手で口に持っていき、もぐもぐ食べます。お行儀は良くないですが、その姿がまだまだ赤ちゃんぽくて、なんとも愛らしく思ってしまう甘々のママです💦

 

 

 

 

 

 

24日はハンブルグ日本人学校・補習校合同バザーです❗️〜今日のお夕食、豚ばら肉と野菜のオーブン焼き

冒頭にもありますが、24日はハンブルグ日本人学校・補習校合同バザーが開かれます。一年に一度、毎年大盛況なバザーです😉

まだ補習校に子供達を通わせていなかった昨年は、完全にお客様で訪れていましたが、

今年からはちょこちょことお手伝いさせてもらっています。

そして、担当の食品が和菓子なので、実は先日から抹茶のお菓子を試作中です。

抹茶カステラは味はOKでしたが、ふくらみが悪かったので却下して💦抹茶マフィンに変更しました。バターで作ったり、オイルで作ったり、分量を変えてみたり…。

 

いろいろ考えていたら、お夕食作りが大幅に遅れました💦

こう時に限って、残り物、作り置きも全くないものですね…

そういう時は、お肉もお野菜もザクザク切って、どんどん炒めて、焼き目をつけるだけで形になる簡単なオーブン料理に限ります😏

オーブンにいれている間に簡単なスープも作って、メニューはこれしかないですが、

香りと彩りは抜群のお食事になりました。

 

f:id:saki-bianca:20170915023818j:image

 🌟豚ばら肉と野菜のオーブン焼き🌟

 

【材料】

豚ばら塊肉 500g、じゃが芋 500g、ニンニク 3片、南瓜 1/4個、

玉ねぎ 1個、ズッキーニ、人参 各1本、マッシュルーム 6〜8個、

タイムの枝、塩、胡椒、オリーブ油 適量

 

【作り方】

1、オーブンは180度に予熱する。豚ばら肉は、食べやすい大きさに切り分け、塩胡椒を振っておく。

 

2、野菜も食べやすい大きさに切る。じゃが芋はレンジにかけて柔らかくしておく。

(玉ねぎと南瓜は厚めの薄切、人参は小さめの乱切り、ズッキーニとじゃが芋は一口大の乱切り、マッシュルームは4つ切りにしました。)

 

f:id:saki-bianca:20170915023827j:image

3、フライパンにオリーブ油を熱し、豚肉に焼き目をつける。

 

f:id:saki-bianca:20170915024558j:image
4、さらに全ての野菜を加え炒める。全体に油が回ったら、塩胡椒、オリーブ油を回しかけ、タイムの枝を乗せる。

 

5、180度のオーブンで30分焼き上げる。

 

f:id:saki-bianca:20170915024315j:image

*フライパンはオーブン可能なSilitのサービングパン↓を使いましたが、工程4でオーブン可能なお皿に移し変えても良いです。

www.wmf-onlineshop.jp

 

*茹でブロッコリーを彩りに乗せました。最後の7、8分ほどに加え入れると少し焦げ目がついて良かったかもしれません。 

 

*ニンニクは皮付きのまま一緒に焼いています。ホクホクして美味しいですよ。

 

Guten Appetit😋

 

f:id:saki-bianca:20170915023918j:image

今日はおやつがフライパン一枚で作る大きなホットケーキ(↓この本に載っています。)だったので、炭水化物はじゃが芋のみで😏どーんとサービングパンごと大皿(鍋?)料理です。

books.rakuten.co.jp

 

スープは、ほうれん草と玉ねぎとベーコンのスープでした。

夫はこれにブレーメンのBecksビールを合わせていましたよ😉

食後には各自好きなフルーツ(リンゴ、生プルーン、葡萄など)をご自由に😂

 

そして、目下試作中の抹茶マフィン↓。

f:id:saki-bianca:20170915051815j:image

膨らみ方が一定ではないのは、オーブンに置く場所によるのかしら?

思いっきり、焼け具合を見るための竹串を刺した痕と目が合いますが💦

試作ですから許してください😂

中に餡子を入れるのも美味しいそうだなぁ〜なんて、懲りずに考えています😏

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

厚切り塩豚に合わせるソース2種(トルコ風ヨーグルトソース、トマトとラディッシュのビネガーソース)

次女が小学校に入学して、無事に1週間が経ちました。ほっ😊

キールには日本人学校がない為に選択肢は現地校しかなく、迷うことなく近所の小学校に入れることにしたのですが、ドイツは日本の学校の様にしっかりとした授業の指導要綱はなく、進め方も内容も各教科の先生にほぼ委ねられています。

なので、いい先生に当たれば良いけれど、その反対だと1年間学習したはずなのにノートは真っ白😱というのこともよく聞く話です。

信じられない話ですが、結局は親がしっかりと子供に学校以外でも教育する環境を整えているかが、大きな要になっています。

親としては当たり前のことかもしれないけれど、責任重大で、私の心がそわそわしてしまいます💦

 

まずは子供達にしっかり食べて、生きる力をつけてもらわないと〜😂

 

いつもの鶏ハムの要領で漬け込んでおいた豚肉を茹でただけの、厚切りの塩豚に合いそうなソースを2種類(いつも欲張りです💦)考えました。あとは前日に収穫した新鮮野菜を茹でて付け合わせたお料理です。

シンプルだけど大地のエネルギーをヒシヒシと感じられるお食事でした😋

 

f:id:saki-bianca:20170912184857j:image

 

🌟トルコ風ヨーグルトソース🌟

 

【材料】

ヨーグルト 250ml、オリーブ油 大さじ3、レモン汁 大さじ1、

おろしにんにく 小さじ1/2、(あれば みじん切りにしたミントの葉 大さじ1)、

塩 胡椒 適宜、

 

【作り方】

全ての材料をよく混ぜ合わせ、塩で調味する。

 

🌟トマトとラディッシュのビネガーソース🌟

 

【材料】

トマト 中1個、ラディッシュ 3個、パセリ 適宜、オリーブ油 大さじ3、

白ワインビネガー 大さじ1、塩胡椒 適宜、

 

【作り方】

1、トマトとラディッシュは小さめの角切りにし、パセリはみじん切りにする。

 

2、全ての材料をよく混ぜ合わせる。

 

Guten Appetit😋

 

f:id:saki-bianca:20170912184903j:image

 

ドイツに来たばかりの頃、ヨーグルトは甘いもの!と思い込んでいて、トルコ人が売っていた塩で味つけられた飲むヨーグルトに驚き、その時は全部飲みきる事ができなかったのですが、いつの頃からかヨーグルトもお料理に使う材料として欠かせないものになっています。

 

いろいろ知って、慣れていき、そして応用できる様にまでなる。
きっと、子供の学習だって、私の子育て(も含めたい😏)だって、そういうものなのでしょうね。
物事シンプルに考えれば、大抵のことは難しくないはず😉

 

 

 

子供達も楽しみ❗️新鮮野菜の収穫〜レストラン Alte Schwimmhalle in Plön

今日の朝方は雨で肌寒い北ドイツキールですが、昨日の日曜日はとっても気持ち良いお天気でした😊

 子供達が5月に植え付けをしたジャガイモ↓が収穫時期を迎えたので、

いつも良くしていただいている火山学者のご夫妻のお宅にお邪魔してきました。

saki-bianca.hatenablog.com

 

f:id:saki-bianca:20170911180903j:image

採り立て新鮮野菜がたくさん❣️みんなつやっつやで美しいです。

 f:id:saki-bianca:20170911180925j:image

あるかな、あるかな〜と探しています。 

f:id:saki-bianca:20170911182421j:image

「どんどん出てくるよ〜、ほら❗️」と、満面の笑みの長男。

 f:id:saki-bianca:20170911180952j:image

泥付きのジャガイモは、このままにしておくと腐りやすいので、早めに綺麗に土を洗い流し、風通しをしておきます。 

 f:id:saki-bianca:20170911181007j:image

トマトもたわわに実っています。緑のうちに収穫して、しばらく置いて赤くなったら食べ頃です。 

f:id:saki-bianca:20170911181258j:image

ブラックベリーも宝石のようにキラキラ✨

 f:id:saki-bianca:20170911181028j:image

黒インゲン豆は、緑のものより柔らかくて甘みが深いです😋

f:id:saki-bianca:20170911181110j:plain

広大な敷地内にある森の小道を通って池に出るのですが、至る所にモグラが作った小山があります。何だか、ほのぼの可愛らしいです😊

f:id:saki-bianca:20170911181044j:image

「鴨の家族がいるかもしれないから、静か〜に足音を立てないように歩いてね。」

と言われ、みんなで抜き足、差し足、忍び足😂

f:id:saki-bianca:20170911181100j:image

水が透き通っていて美しい池です。

 f:id:saki-bianca:20170911181105j:image

そおっと、見ていましたが、残念ながら鴨の親子は現れませんでした。

悪い狐が鴨の子供達を狙う話等を聞きながら、なかなか日常では味わえない空間がここにはあります。

f:id:saki-bianca:20170911181133j:image

今年は不作だというリンゴ、それでもたくさん実っている木もあって、果物好き長女は大喜びです。

「力を入れないでも採れるリンゴが、収穫の時期だよ。」と、教わっています。

 f:id:saki-bianca:20170911181136j:image

仲良しリンゴ😊

 f:id:saki-bianca:20170911181145j:image

ドイツのりんごは、日本の物より小さくて酸味があるのが多いですが、アップルパイを作るには最適です😋

 f:id:saki-bianca:20170911181225j:image

何気なく石の上から垂れている植物と目が合ってパチリ😉

 f:id:saki-bianca:20170911181320j:image

「まま〜、ハートだよ♥️」と長男。

上2人がお姉さんだからか、今年5歳になるのにいつもホンワリした雰囲気を醸し出しています😂

 f:id:saki-bianca:20170911181349j:image

時折、手土産に持って行った抹茶マフィンを各自つまみながら自然の恵みを楽しんだ後は、Plön城のすぐ側にあるレストランへ向かいました。

f:id:saki-bianca:20170911182141j:image

間接照明とろうそくの光だけの落ち着いたレストランです。

 f:id:saki-bianca:20170911182146j:image

私が注文したのは、仔牛のステーキとあんず茸のソース。あんず茸が旬を迎える季節になりました😋

 f:id:saki-bianca:20170911182157j:image

付け合わせのジャガイモのグラタンは、火傷しそうな程熱々。

www.amazon.de

お料理が出て来るまでの時間に、火山学者であるご夫妻が、最近出版された子供向けの本↑を見せてもらいました。300mもの高さの火柱が上がる前での撮影の話等、子供達も興味津々でした❗️

f:id:saki-bianca:20170911182214j:image

お城の古いプールを改装して作られたレストラン↓ですが、お天気の良い日にはテラス席もあり、すぐ側にはPlön湖を見下ろせる絶景ポイントもあるそうです😉

www.restaurantalteschwimmhalle.de

 

www.holsteinischeschweiz.de

 

自然に触れて、スケールの大きな地球の営みの話を身近に聞けて、子供達にとっても何とも有り難い経験です。

そして、私は美しい野菜達をどうやって美味しく頂こうか考えを巡らせるのです😏ワクワク〜🎶

いつもありがとうございます😊