Moin Moin北ドイツに暮らす

お料理、雑貨、3人の子育て、バイリンガル教育、音楽、オペラ情報等を北欧ほど近い、北ドイツの街から、のんびりお届けします⭐︎

圧力鍋でお肉ほろほろ絶品グーラシュ

若い頃にウィーン在住歴がある義父、先日家族でフレンチを食べに行ったら、ヨーロッパのお料理を食べたくなったのか、「急にグーラシュが食べたくなったなぁ。」とポロリ。すかさず「作りますよ〜🎶」と挙手しました😉

お家パーティ↓で好評だったグーラシュのレシピです。

saki-bianca.hatenablog.com

 

 

🌟圧力鍋で絶品グーラシュ🌟

【材料】

牛肉もも塊肉 1kg、塩 小さじ2、小麦粉 大さじ2、

玉ねぎ 2個、ニンニク 1片

パプリカ粉 15g(大さじ3〜4)

赤ワイン 100ml、トマト缶 1缶、

人参 2本、 セロリ 1本、赤パプリカ 2個、

ジャガイモ 5個、

(薄めの)ブイヨン 700ml〜、ローレル 2枚、

 

f:id:saki-bianca:20170813152557j:image

 【作り方】

1、ニンニクはみじん切り、玉ねぎ、人参、セロリ、ジャガイモ、パプリカは1〜1,5cmの角切りにする。

 f:id:saki-bianca:20170813152602j:image

牛肉は1口大に切り分け、塩(又はハーブ塩*) をすり込み、小麦粉をまぶしておく。

 

2、フライパンに牛脂又は油(分量外)を熱し、玉ねぎとニンニクを炒める。玉ねぎが透き通ったら、牛肉を加え焼き色をつける。

 

3、2を圧力鍋に移し、パプリカパウダーをふり入れ、赤ワインを入れアルコールを飛ばす。

 

4、トマト缶、人参、セロリ、ジャガイモ、パプリカを加え、ブイヨンをひたひたに満たし、15分圧力をかけて自然冷却して圧力を抜く。

 

5、塩、胡椒で調味する。

 f:id:saki-bianca:20170813210830j:image

 お好みでクレソンやパセリで彩りを添える。

 f:id:saki-bianca:20170813210836j:image

 

 *今回使ったハーブ塩は、クミンが入ったものを使用しました↓。

ats-food.com

 

Guten Appetit😋

 

 

学生の頃、夫家族と一緒にオーストリアを訪れた時も、「あそこは、美味しいグーラシュを食べさせる。」なんて、フラリと一人で美味しいお店を見つけたりしていたのを思い出しました。(←一緒に連れていってくださいよ〜😂)

 

そんな旅行も20年前位のこと😳気付けば義父とも長いお付き合いになってきました。

まだまだ、元気にドイツにも遊びに来て欲しいです😉

 

 

雨だって、まかいの牧場

1泊2日で遊びに来てくれた弟家族と、夫の従姉妹とも合流しての2日目…この日もあいにくのお天気☔️

博物館、水族館、室内で遊べるところはきっと大混雑だろうからと、半ば強引に外遊びを強行しました😂

訪れた先は、富士山の麓にある《まかいの牧場》↓

www.makaino.com

 

行きの道中から雨、雨、分かってはいたけれど、少しテンションは下がります😅

入場する前にまずは「農場レストラン いただきます」で腹ごしらえ。

地産地消の食材で作られた種類豊富なお料理が並ぶビュッフェ形式のレストランです。

静岡県民が「静岡の味だね〜。(←味がしっかりついている、少し濃い目の意らしいです。)」と言うお味。ビュッフェ形式は三者三様の子供達でも、何かしら食べてくれるものがあるので、気が楽です😏この時は例え、デザートばかり好んでも大目に見ます…楽しさ優先😂

 

f:id:saki-bianca:20170816164016j:image

お食事が終わって、外に出てみたら幸運なことに小雨。しかし、子供達が楽しみにしていた乗馬体験は荒天のために中止されていて…近くにあったふれあい広場へ。

 

 f:id:saki-bianca:20170816164025j:image

食欲旺盛な馬や山羊が紙コップまで食いつく勢いで顔を伸ばしてきます。

 

f:id:saki-bianca:20170816164031j:image

モルモットに触れられるモルモット村でも、 

f:id:saki-bianca:20170816164042j:image

カゴから飛び出してきそうな元気なモルモットに長男は餌やりを断念💦

 

 f:id:saki-bianca:20170816164113j:image

慣れてくると大人しく、いつまでも触っていたくなるような可愛らしさです。 

 

 f:id:saki-bianca:20170816164123j:image

 牛の乳搾りもできますよ!

 

 f:id:saki-bianca:20170816164136j:image

今にも、ざぁーと雨が降りそうな空ですが、「まだ、大丈夫!」と、アスレチックに向けて結構な坂を駆け登る子供達❗️大人はゆっくり向かいます😂

 

 f:id:saki-bianca:20170816164143j:image

アスレチックを抜けて遊歩道を行くと綺麗な花畑と富士山を臨める絶景を楽しめるはずの場所なのですが…仕方がないですね🙄

 

 f:id:saki-bianca:20170816164148j:image

ぐるりと場内を歩いている間に本格的に雨が降ってきたので、とりあえず、屋根のある遊戯場で、子供達のあり余る体力を消費😂

10分飛び続ける長男と次女。

 f:id:saki-bianca:20170816164154j:image

それと、30分卓球に燃える夫と長女。

 

 f:id:saki-bianca:20170816164156j:image

私は時折の小雨で、健康の遊歩道を歩いてみましたが、痛すぎて後悔💦

 

www.makaino.com

 

今回は参加しませんでしたが、バターやクッキー作り、陶芸等、体験コースも多く開催されているので、雨の日の楽しみ方の一つになります。

 

晴れていればなお良かったのですが、1歳児〜9歳児まで、ほのぼのと楽しめました😉

入場券は有効期限が1ヶ月間あるので、晴れた日に出直すこともできますが、今週末には既に私の実家の横浜へ移動しています。

今回は、富士でゆっくりと1ヶ月弱の滞在でした。

 

そう言えば、先日訪れたユニクロで免税の手続きを取っていたら、「日本に上陸した日はいつですか?」と聞かれて、私たちは台風か❗️と突っ込みそうになったのですが、

実際、普段穏やかに暮らしている両親からしたら、台風の様だったかもしれませんね😂

楽しい夏休みをありがとうございました😊

 

 

 

伊豆・修善寺/日本サイクルスポーツセンター、東京オリンピック2020自転車競技会場ベロドローム

弟家族がお盆休み中に富士に遊びに来てくれて、本当は子供達の要望もあって

《ぐりんぱ》↓に行こうと計画していたのですが、この日はあいにくの雨☔️

天候不良で楽しめないアトラクションも多そうだったので、急遽変更して、

修善寺にある日本サイクルスポーツセンターに行きました。

www.grinpa.com

 

修善寺も晴天とまでは行きませんでしたが、時折の雨はあったものの、ひたすら外遊びするのに炎天下よりは、かえって良かったかもしれません😉

 

f:id:saki-bianca:20170816163754j:image

いろいろな種類のオモシロ自転車で、小さい子供から大人まで一緒に楽しめます。

↑大人がこいで、前に乗った子供達はくるくると回りながら進みます。

 

f:id:saki-bianca:20170816163821j:image

3人乗りタンデム自転車。

 

 f:id:saki-bianca:20170816163803j:image

夫が小さい頃から変わっていないという、かなり年代物のジェットコースターやメリーゴーランドもあります。 

 

f:id:saki-bianca:20170816165152j:image

300mのローラー滑り台を滑り降りた先には、足こぎボートや、トランポリン、ファミリーサイクリング他もあります。

  f:id:saki-bianca:20170816163852j:image1周2kmのファミリーサーキットでは、幼児乗せ自転車、キッズバイク、大人用の自転車、電動自転車等、種類豊富にレンタル自転車があり、自由に好きな物を選べます。

 f:id:saki-bianca:20170816163907j:image

自転車、競輪の歴史を知れる小さな展示場もあります。

遠心力で倒れないとはいえ、かなりの角度がありますね…

 f:id:saki-bianca:20170816163916j:image

2020年の東京オリンピック会場に決定した文字を写真に収めようとしたら、すかさず入ってくる夫😂

健康維持、体力トレーニングの為にここ数年かなりロードバイクにはまっている夫、

テンションが高いです。

 

f:id:saki-bianca:20170816163927j:plain

まだまだ綺麗な会場です。練習風景も初めて見ましたが、遠心力を使ってビー玉がグルングルンと中心の穴に落ちていくおもちゃを思い出しました😂

 f:id:saki-bianca:20170816163942j:image

 競技用自転車、私にはちっとも知識はありませんが、しっかり科学された必要最低限の部品で作られているのだろうことは感じました。シンプルにカッコ良いですね!

 

 

 

一日中身体を動かし汗を流した後は、帰り道の伊豆長岡温泉で日帰り温泉に立ち寄り、スッキリさっぱりして、子供達は車中でぐっすりでした😊

 

 

 

 

 

採れたて落花生〜圧力鍋で落花生の塩ゆで

近所に住む親戚の叔母さん、私たちがドイツから帰省してくると毎日のように朝採れ野菜を持ってきてくれます。

子供達もとびっきり新鮮なキュウリやトマトを日本の普通の野菜と思っているので、なんとも贅沢なことです😂

そして、この日は「今、まさに引っこ抜いてきたよ!」と、たくさんの落花生を持ってきてくれました。

この状態の落花生を見るのは、子供達も初めてです。

 

f:id:saki-bianca:20170813113056j:image

採れ立てって本当に美しいです✨ 

 f:id:saki-bianca:20170813113110j:image

早速、みんなで仲良く玄関先で落花生を摘みます。

ちなみに落花生の花言葉は「仲良し」だそうです😉

 

 f:id:saki-bianca:20170813113127j:image

 落花生はジャガイモのように根っこではなく、地下茎だと思っていたら、名の通り

「花が落ちて実がなる=落花生」だそうで、根でも茎でもなくなのだそう。

↓図解付きで分かりやすいです。

落花生の成長

 

f:id:saki-bianca:20170813113131j:image

大まかに土は水で流します。

こういう作業は子供達好きですね😉

 

🌟圧力鍋で作る落花生の塩茹で🌟

1、よく洗った落花生は圧力鍋に入れ、ひたひたより気持ち少なめの水を入れる。

塩は味を見て、少し塩辛いと感じるくらい入れる。

 

f:id:saki-bianca:20170813144431j:image

2、強火にかけ圧力がかかったら、弱火で3分。火を止めて6分。

その後急冷し蓋を開ける。

 

3、落し蓋をして5分間味を染み込ませるために置いておく。 

 

f:id:saki-bianca:20170813152502j:image

 

Guten Appetit😋

 

 

自分で摘んだものはまだ小さな実もあるので、一緒に茹でるとその部分は殻が白くふっくらと柔らかく、本当はそれもまた美味しいのですが、市場に出回るのは、殻のしっかりした形の良い落花生だけなので、自分たちで摘み取ったご褒美のようなものですね😉

旬の恵みと、そこにかけられる手に感謝です〜。

 

 

 

 

 

サーモンとアボガドのカルパッチョ他、いろいろ作ってお家パーティ

今日は親戚の叔父さんのお誕生日でした。おめでとう〜🎉

夏休み真っ只中、みんなでお祝いしない手はありません😏

朝から、子供達は叔父さんの為に紙吹雪やプレゼント作り、どうやって驚かせようかと、何やらワクワク企んでしました。

 

f:id:saki-bianca:20170813210915j:image

クラッカーを買い忘れたので、長女の案で紙吹雪でお出迎え。

撒いた直後に、みんなで紙吹雪を集めるのもお家パーティならではです😂

 f:id:saki-bianca:20170813210921j:image

 パパお疲れ様会↓の時の飾り付けを再利用😏

 

saki-bianca.hatenablog.com

 

今日はお盆の入りでお寺に行ったりと、ゆっくりと計量しながらお料理をする時間もなかったので覚書ですが…

 

f:id:saki-bianca:20170813210935j:image

🌟サーモンとアボガドのカルパッチョ🌟

お刺身用のサーモンとアボガドは薄切りにし、お皿に交互に丸く並べる。

トマトのドレッシング《トマトのみじん切り、玉ねぎみじん切り(水にさらして辛味を取ったもの)、亜麻仁油(又はオリーブ油)、酢、砂糖(ほんの少し)、ハーブ塩》の材料をよく混ぜ合わせる。

サーモンとアボガドの上に回しかける。

 

*真ん中はブロッコリーと赤キャベツのスプラウトです。

 

f:id:saki-bianca:20170813211056j:image

 🌟タコとミックスサラダのトマトドレッシング和え🌟

お刺身用のタコは小さめの乱切りにし、ミックスサラダ、トマトのドレッシング↑、

トマトの角切り、スプラウト(←余ってたので😂)を混ぜ合わせる。

 

f:id:saki-bianca:20170813211040j:image

🌟マグロとアボガドのニンニクレモン醤油和え🌟

アボガドとマグロは食べやすい大きさに角切りにする。

レモンを絞り、すりおろしたニンニクと醤油で調味する。 

 

f:id:saki-bianca:20170813152502j:plain

🌟ゆで落花生🌟

近日中にゆで方を載せます。

 

横浜出身の私は「落花生は煎ってあるもの」と思っていましたが、この辺りでは枝豆の様に、茹でて頂くのが常識だそうです。ビールに合いますよ😉

 

f:id:saki-bianca:20170813211113j:image

🌟グーラシュ🌟

近日中にレシピを載せます。

 

オーストリアに在住歴がある義父が「何だか急にグーラシュが食べたくなったなぁ。」とポロリと言ったのをキャッチして、すかさず「作りますよ〜!」と挙手した私😏

「美味しい!」と言っていただけたので、満足です😊

 

 

義母のお姉さんの旦那さんである叔父さん、一緒に元気よく遊びに付き合ってくれるお祖父ちゃんがいない子供達からしたら、本当にありがたく大切な存在です。

心からお誕生日おめでとうございます。健康に気をつけて元気でいてくださいね‼️

いつもありがとう。

 

 

 

 

 

個室あり!子連れでも行ける本格フレンチのレストランL'Equationレクアション in 富士

帰国の度に密かに気になっていた、2016年11月、近所に移転してきた本格フレンチレストランに家族で行ってみました。

 

lequation.jp

 

f:id:saki-bianca:20170811201107j:image

1級建築士によってデザインされた、とてもシンプルで清潔感のある外観のレストランです。

 f:id:saki-bianca:20170811201112j:image

子供は原則的に小学生以上からですが、奥にある個室利用(8名利用可)に限り、未就学児も一緒にお食事を楽しめます。(予約必須です!)

 

今回はランチ利用で、子供3人は1800円大人4人は3000円のMenuを予約時に頼んでおきました。

お食事後にも予定があったので、アルコールは頼まず(残念…)、ブドウジュース(メルロー、カベルネ・ソーヴィニオン)、ライムとジンジャーエールのノンアルカクテル、ブラッドオレンジジュースとペリエで乾杯。

 

f:id:saki-bianca:20170811201127j:image

子供達のベーコンと玉ねぎのキッシュ

生地がサックサクです。

 f:id:saki-bianca:20170811201134j:image

大人のニース風サラダ

半熟の卵を崩して頂きます。

 f:id:saki-bianca:20170811201142j:image

大人のグリーンピースの冷製スープ

 

 f:id:saki-bianca:20170811201152j:image

真鯛のお料理(お料理名忘れました💦)アサリのリゾット添え

 

 f:id:saki-bianca:20170811201159j:image

 鴨のコンフィ、ジャガイモのピュレー添え

 f:id:saki-bianca:20170811201212j:image

子供達の阿部鶏のハーブパン粉焼き、根セロリのピュレー添え

(根セロリのピュレーは、ドイツに戻ったら試してみようかな😏) 

 

f:id:saki-bianca:20170811201221j:image

クレームブリュレ 

 f:id:saki-bianca:20170811201228j:image

 ヨーグルトのシャーベット

 f:id:saki-bianca:20170811201237j:image

コーヒーと共に添えられたお茶受け、フランボワーズのマカロンとアーモンド菓子

 

全体的にシンプルな味付けですが、お値段の割にボリュームがしっかりあって、お腹が一杯になりました。

お料理はもちろんそうですが、デザートも全て手作りで、ヨーグルトのシャーベット、マカロン、美味しかったです😋

それから、フランスパンはフランスから直輸入をしているそうで、子供達も気に入ってお代わりを頂くほどだったので、お持ち帰り用に購入してきました😉

 

f:id:saki-bianca:20170811201244j:image 個室ではなく、レストランの入り口からパチリ。

中も少し覗かせてもらいましたが、ほぼ満席で、大人のみの落ち着いた雰囲気のレストランでした。

 

lequation.jp

 

未就学児がいる家族にとっては、個室予約ができるのはありがたいです。

(↑案の定、長男は大人しく座ってはいられなかったので💦)

折を見て、まずはお家で簡単に⁈、左右にフォークとナイフが複数並べられたコース料理の真似事を子供達にもしてみようかなぁ〜なんて思ってしまいました😏

 

美味しいお料理をごちそうさまでした😊

 

 

 

 

 

B級グルメ富士宮やきそば、ドイツビール〜富士宮浅間大社、清らかな水に感動する

朝から岐阜のお兄ちゃん↓とお庭で元気に遊びまわる3姉弟😉

この日は全国に約1300社ある浅間神社の総本社であり、世界遺産の一つでもある富士宮浅間大社を訪れました。

 

saki-bianca.hatenablog.com

 

まずは、大社の向かいにあるお宮横丁にて、腹ごしらえ😋

 

f:id:saki-bianca:20170810214033j:image

富士宮と言えば、焼きそば‼️

 

 f:id:saki-bianca:20170810214052j:image

 横丁って、お祭りみたいな雰囲気ですね😊

 

f:id:saki-bianca:20170810214130j:image

選んだお店で焼きそばを焼いていた店長さんが、夫と同じ高校の先輩でした!

地元トークで盛り上がる〜、嬉しい出会いですね😆

 

 f:id:saki-bianca:20170810214136j:image

太くてモチモチ、食べ応えがあります😋

 

 f:id:saki-bianca:20170810214212j:image

自由に飲める富士山からの湧き水。雑味がなくてとても滑らかな舌ざわりです。

自然の恵みに感謝❣️

 

 f:id:saki-bianca:20170810214226j:image

実は前日に訪れた本栖湖の帰りに、ドイツビールの直売店に寄ったのですが、定休日で閉まっていました。

知らずに訪れた横丁に売っていたので、もちろん買って帰りました😉

ドイツ国内で買える値段を考えたら恐ろしく高額ですが、遠く離れたアジアの国で自国の本物を作り上げて、広めるって本当に大変なことだろうと思うと、有難い気持ちになりました。

とてもコクのある味わい深い本格ドイツビールです😋

 

bmbier.com

 

f:id:saki-bianca:20170811185828j:plain

他にも富士山湧水炊き冷やし汁粉やジェラート、かき氷のデザートもしっかり頂いて、お目当の浅間大社へ。

 

f:id:saki-bianca:20170810224206j:image

5月の流鏑馬祭りで馬が走り抜ける道を横切ると大社の入り口があります。

お参りを済ませ、境内の周りを散策。

 

 f:id:saki-bianca:20170810224214j:image

1秒間に3,6キロリットルの水が湧いて出るそうです❗️

 

 f:id:saki-bianca:20170810224230j:image

国の特別天然記念物でもある湧玉池は、普段使っている水が水に見えないほど、透明度が高くて、あまりに清らかで美しい水に何か神聖な物を感じました。

自然と感謝の気持ちが湧き出ます。

 f:id:saki-bianca:20170810224238j:image

 夏の風物詩⁈蝉の抜け殻。

 

 f:id:saki-bianca:20170810224718j:image

大社に流れる富士山からの水、足をつけただけで痺れるくらい冷たくて、写真の為にでも、足首まで浸かるのが必死な私と長女と長男…それに比べ野生児次女、ワンピースが濡れるほどズンズン入っていき、何か探しています😂たくましい〜

 

清い水を頂いて、清らかな水を見て、触れて、とても浄化されたような1日でした✨