Moin Moin北ドイツに暮らす

お料理、雑貨、3人の子育て、バイリンガル教育、音楽、オペラ情報等を北欧ほど近い、北ドイツの街から、のんびりお届けします⭐︎

ドイツのクリスマスの定番クッキー、卵無し、Fpで簡単vanillekipferlバニラキプフェル〜定番クリスマスソング

この時期のドイツは、どこに行っても甘い香りが漂います😊

ドイツには「クリスマスの香り」があるのですが、グリューワインやレープクーヘンに使われるシナモン、カルダモン、アニス、リンゴ、オレンジの他にバニラもクリスマス定番クッキーであるキプフェルを思わせる香りの一つです。

 

私たちが10年前にここに引っ越して来て初めて迎えるクリスマスに友人のドイツ人から教わったレシピです。

元は彼のお父様のレシピで、お父様はパン職人だった方なので、味はお墨付きです😉

10年の間に、砂糖の割合や焼き時間に少し変化がありますが、日本の家族にも好評で、毎年この時期にたくさん焼いて、日本にも送っています。

 

f:id:saki-bianca:20171215001528j:image

🌟バニラキプフェル🌟

(100個分)

【材料】製菓用マーガリン (Sanella等) 300g、

砂糖 +バニラビーンズ入り砂糖(BourbonVanillezucker)3パック 合わせて150g、

塩 ひとつまみ、アーモンドプードル 150g、

小麦粉 420g、

*ふるった粉砂糖 200g、(+あれば是非バニラシュガー6パックも加えてください。)

 

【作り方】

1、*印以外の生地の材料を全てフードプロセッサーで混ぜ合わせる。

 f:id:saki-bianca:20171215043708j:image

 

2、大体まとまったら取り出して、丸くまとめる。

f:id:saki-bianca:20171215043725j:image

 

3、冷蔵庫で2時間以上、できれば一晩寝かせる。

 

4、オーブンを180度に予熱する。

生地を適当な大きさに切り分け、さらに一つが10gになる様に丸めた後にキプフェル(三日月🌙)型に成形する。

先は焦げ付きやすいので細くなり過ぎない様にする。

 f:id:saki-bianca:20171215001613j:image

5、180度で12分程、明るい黄色になる様に焼く。焼いている間に、粉砂糖とバニラシュガーを混ぜ合わせておく。

 f:id:saki-bianca:20171215001654j:image

 

6、焼きあがったら冷めないうちに、混ぜ合わせた粉砂糖をまぶす。

f:id:saki-bianca:20171215001704j:plain

ほろほろサックリ、バニラの香りが良く、食べだしたら止まらないクッキーです😂

 

生地は冷凍保存も出来るので、作り置きにも向いています😉

 

Guten Appetit 😋どうぞ召し上がれ😋

 

 

 

さて、この時期は音楽ホールでも教会でも、はたまた学校でもクリスマスコンサートが催されています。

f:id:saki-bianca:20171215054326j:image

 

先日の日曜日に行われたお城でのコンサート↑では、子供合唱団で長女も参加しました。

 

f:id:saki-bianca:20171215054333j:image

そして、こちらも前列で楽器を叩く長女ですが、小学校でのクリスマスコンサート。

 

次の日曜日には次女の歌劇場子供合唱団のクリスマスコンサートもあります♪

 

この時期のコンサートは子供も聴きに行けるコンサートが多く、プログラムの最後には

ドイツで定番のクリスマスソング『O du Fröhliche』を会場の皆も一緒に歌う場合も多いです。

とても、素敵な曲です。

youtu.be

 

この音楽を聴くといよいよクリスマス、年末だな〜と思うようになってきました🎄

 

外は寒いですが、皆様、心と身体は温かくして、お過ごしくださいね😊

 

 

 

 

 

高田智宏、宮廷歌手の称号を受勲🎊皆様に感謝です。

週末の土曜日に久しぶりに夫の初日公演を観に行きました♪

たくさんの本番を抱える夫の公演は観に行こうと思えばいつでも行けそうですが、夜遅くまでかかるオペラ公演の間、子供3人をどうしようかと考えると、そう簡単には行くことができません。

でも今回の公演は特別だったので、どうしても行きたくて、数ヶ月前から友人にお願いし、家族の体調面も気を遣いました。

実は夫本人の体調が一番悪く、前日までハラハラドキドキでした💦

そして、念願叶ってのオペラ鑑賞❗️

 

この公演をもって、高田智宏はKammersänger宮廷歌手の称号を受勲されました🎉

 f:id:saki-bianca:20171212194457j:image

 

アラベラ (オペラ) - Wikipedia

 

宮廷歌手、カンマーゼンガー⁉️ってなに?って感じですかね😂

 

簡単に言えば、ドイツ、オーストリアで歌手が受け取れる名誉称号なのですが、キール歌劇場では最年少、ドイツで受け取る日本人では歴代4人目の受勲となりました👏

資格は、10年以上勤続し、その歌劇場及び市や州に多大な貢献をした人物。

だそうです。

今後、氏名の前に例えば「Dr.」の称号の様に「Ks.Tomohiro Takada」

(Ks.=Kammersänger)と付けて名乗れることになります😊

 

f:id:saki-bianca:20171212191650j:image

終演後、歌劇場ロビーにて受勲式が行われました。

 

 f:id:saki-bianca:20171212191715j:image

キール市長から賛辞と表彰、歌劇場総支配人Karasekさんと総音楽監督Fritzschさんからも

賛辞をいただきました。

 

異国のこの地で、この歌劇場で10年間、真面目に取り組んできたことを、この様に高く評価してくださる方々がいるということが本当に有り難いです。

 f:id:saki-bianca:20171212191728j:image

いつも応援してくださる観客の皆さま。 

 f:id:saki-bianca:20171212191737j:image

 皆さまに感謝の気持ちを述べ、感無量です。

  

 

 

f:id:saki-bianca:20171212184130p:plain

 

f:id:saki-bianca:20171212184156p:plain

 

初日公演の批評が新聞に載りました。

「キール最年少の宮廷歌手となった高田智宏は、ただ上手く演じただけでなく、完璧なカヴァリエバリトン(*バリトンの種類の一つです)として、高貴な部分から激昂する表現までをも、見事にヒットさせた。」

(私の訳し方が上手くなく、伝わるでしょうか💦)

 

 

f:id:saki-bianca:20171212185003p:plain

 

 

f:id:saki-bianca:20171212192942p:plain

今シーズン出演する公演はワーグナー『神々のたそがれ』ギュンター役、ヴェルディ『仮面舞踏会』レナート役、シュトラウス『アラベラ』マンドリーカ役です。

 

↓日本の事務所のホームページもありますが、内容と写真が古いです💦

http://www.aspen.jp/artist/baritone/tomohiro-takada/index.shtml

 

 

f:id:saki-bianca:20171212193311j:image

歌劇場もすっかりクリスマス仕様です。

 

 

f:id:saki-bianca:20171212193319j:image 

夜遅くまで子供達を快く預かってくれた友人家族宅で、子供達が作ってきたクリスマスツリー。こういう支えが本当に有り難いです。


夜中に寝入った子供達を抱きかかえて車に運ぶ時には、外は吹雪いていました☃️

朝から大喜びで雪と戯れる子供達を見ながら、現実に引き戻されたのですが😂

ドイツ語もままならないまま無謀にも住み着いて13年、運良くキール歌劇場に就職して10年、その間に家族も増え、たくさんの出来事があった中、自分のやるべきことは見失わなかった夫、そして、これまで未熟な私たち家族を支えてくださった友人、知人、日本の家族の皆々様、本当に全てがあってのこの日でした。

 

紙切れ一枚の受勲を知らせる手紙を受け取ってからの驚きと喜びの気持ちは、

プレッシャー→充実→感謝へと変わっていきました。

本当にありがとうございます。

 

夢の様な週末も束の間、夫は今週から稽古が始まる「仮面舞踏会」の暗譜に大慌てで取り組んでいます😂

 

これからもまだまだ、大きく邁進してくれます!きっと😉

 

 

 

 

クリスマスシーズンの過ごし方in ドイツ

更新がゆっくりですが、子供達のイベントも盛り沢山、やること満載で、毎日師走らしく⁈元気にバタバタと過ごしております😊

 

お料理も毎日作っていて載せておきたいレシピも溜まってくるのですが、

ゆったりとした気持ちでブログに向かえないので、今日は写真メインでこの時期のドイツの雰囲気をお伝えできたらと思います🎄

 

f:id:saki-bianca:20171209073105j:image

街の中心部で始まったクリスマス市、毎年日本に送っているクリスマスプレゼントのために、自転車に乗って1人買い出しに。買うお店は決まっているので、ゆっくりすることなくパァーっと済ませたいのですが、やはりちょっと目移りします😂

大好きなオリーブの木のお店。奥にぶら下がっているカッティングボードを自分の為に

思わず購入😂お店のお姉さんもとても親切なのです😊

 

f:id:saki-bianca:20171209073128j:image

本場ドレスデンから来る、シュトレン屋さん。

種類も豊富でとにかく香りが良く美味しいです😋 

 f:id:saki-bianca:20171209073245j:image

木でできたデコレーションも素敵。これもお友達に送ります🎁

 

www.kiel.de

 f:id:saki-bianca:20171209073306j:image

Weihnachtsmarkt Rathausplatz Kiel :: Kiel Sailing City

 ↑子供達を合唱団のお迎えに歌劇場に行ったら、ちょうど、そりに乗ったサンタクロースが音楽とともに空を飛んでいました。

セーリングCityの名で有名なキールらしく⁈、そりが帆船海賊船なのですが😂

 f:id:saki-bianca:20171209181429j:image

この時期に毎年焼くバニラキプフェル。

これも家族に送ります😉 

  f:id:saki-bianca:20171209073340j:image

ホロホロっとして、バニラの良い香りが漂います😋 

 

 f:id:saki-bianca:20171209181146j:image

平日の午前中から子供達が帰るまでの数時間の間に、郊外にあるクリスマス市にも行きました。ここは普段は農場、牧場ですが、時期によって色々な市場が開かれます。

大型バスで乗り入れた観光客もたくさんです。開場前から並びます。

 f:id:saki-bianca:20171209181210j:image

少し、アジアぽい雰囲気のあるお店。

 f:id:saki-bianca:20171209181215j:image

どこを見ても可愛らしいです。

 

f:id:saki-bianca:20171209181219j:image

オランダから来ている、クリスマスのお菓子屋さん。

素材にこだわった美味しいお店です。

 f:id:saki-bianca:20171209191436j:image

やっとグリューワインを飲みました😋

 

f:id:saki-bianca:20171209181254j:image

お家で楽しめるグリューワイン用スパイスも買いました😊

 

www.stockseehof.de

 

 

f:id:saki-bianca:20171209073554j:image

ミュンスターに住む妹の様な存在の友人が不意に遊びに来てくれました。

郊外のクリスマス市でも購入した、渋い色のカッティングボードも早速活用😏

 f:id:saki-bianca:20171209073605j:image

子供達が寝静まってからも、女子⁈2人(←夫は23時過ぎまで稽古…)のおしゃべりは続きます😂

クリスマス市で買った、シュトレン2種とオランダの焼き菓子とチョコ菓子、

それに手作りキプフェルを添えて😋

お家でのおしゃべりタイムは、心温まる時間です。

 f:id:saki-bianca:20171209073611j:image

昨日は雪が降りました☃️

 

これから、ますますクリスマスらしく、冬らしくなりますね。

 

 

今日はいよいよ、夫がマンドリーカ役で出演するシュトラウス『 アラベラ』の初日公演です。

ギリギリまでしつこい風邪に悩まされ、昨日までハンブルグにある専門医にかかっていた夫ですが、なんとか無事に公演を迎えられそうです。

今回はちょっと特別な舞台なので、私も観に行こうと思っています♪

www.theater-kiel.de

 

応援しています〜Toi Toi Toi😉

 

 

 

 

マヨなしドイツのポテトサラダ〜12月6日は聖ニコラウスの日です🎅

冷蔵庫にゆで卵とピクルスが余っていまして…思わずタルタルソースを作りたくなりましたが、ソースじゃなくて、もう一品が欲しい…

そんな時にぴったり!

ドイツのポテトサラダは、マヨネーズを使わず意外にもあっさりです。

 

f:id:saki-bianca:20171207052245j:image

 🌟マヨなしドイツのポテトサラダ🌟

【材料】

じゃが芋 5個、玉ねぎ 小1/2個、ゆで卵 1個、ピクルス 3〜4本、

ベーコン薄切り 2枚、

(ドレッシング)

 酢 大さじ1、塩 小さじ 1/2、砂糖 ふたつまみ、サラダ油 大さじ3、

コンソメスープ 大さじ4、

 

【作り方】

1、じゃが芋は0,5mm幅の扇切りにし、電子レンジで柔らかくするか、茹でる。

玉ねぎは薄切りにし、水でさらして辛みを取る。

ゆで卵は1/6のくし切り、ピクルスは小さく刻む。

 

2、じゃが芋を茹でている間に、ドレッシングの材料は混ぜ合わせ、ベーコンを細切りにし炒めておく。

 

3、じゃが芋が温かいうちに、準備したすべての材料をボウルに入れて混ぜ合わせる。

 

*30分程置いておくと味が染みて美味しいです。

 

Guten Appetit😋どうぞ召し上がれ😋

 

 

 

さて、イベント続きの12月のドイツ、6日の聖ニコラウスの日も外せない行事です。

サンタクロースの起源になったとも言われている聖ニコラウスは、クランプスを引き連れてやってきます。

良い子のところにはニコラウスがプレゼントを置いていき、悪い子供は恐ろしい形相のクランプスに連れ去られてしまうという言い伝えがあります。

 

f:id:saki-bianca:20171207015859j:image

共同玄関のうちの靴箱の上には、大家さんニコラウスもきてくれた様子😊

みかん、くるみ、スパイス入りクッキー、チョコレート、お菓子等、

ニコラウス定番のクラシカルなプレゼントです。

 f:id:saki-bianca:20171207015915j:image

5日の夜、寝る前に自分たちの靴を綺麗に磨き、きちんと整えられた靴にプレゼントをおいていってくれると言われているので、しっかり、丁寧にクリームまでつけて磨いていましたよ〜😂

 

いつも以上に早起きし、玄関にかけて行った子供達、欲しがっていた水筒や本、クリスマス市でおもちゃ屋さんから離れられなかった長男希望の剣を見つけ、

「ニコラウス、クリスマス市にいたのかな?」

 

なんとも可愛らしい会話です😍

 

アドベンツカレンダーの毎日のプレゼント、6日のニコラウス、あとはカレンダーでカウントダウンをしているクリスマス本番🎄

…ドイツの子供達、プレゼントもらいすぎじゃないですか⁉️😂

 

 

 

 

 

タンドリーチキン〜おまけ:次女ができるお手伝い

長男の5歳のお誕生日に

「何が食べたい?」と聞くと、

「大きなお肉をがぶりと食べるの!カレー味ね!」

と、食べるのを想像してかワクワクした目をして即答したので、タンドリーチキンを仕込んでおきました。

チキンは何日か前から漬け込んで置いて美味しくなるので、当日バタバタしそうな時にはもってこいなメニューです😉

 

f:id:saki-bianca:20171206052256j:image 

 

🌟タンドリーチキン🌟

【材料】

骨つき鶏もも肉 6本(約2kg)、塩 大さじ1、レモン汁大さじ2、

 

(漬けおき)

にんにく 4片、生姜 1片、玉ねぎすり下ろし 大1個分、

カレー粉 大さじ4、ヨーグルト 450g、ケチャップ 大さじ2、

(あれば、クミン、コリアンダーパウダー 各小さじ1/4)

 

【作り方】

1、骨つき鶏もも肉は余分な脂を取り除き、塩とレモン汁を擦りつけて、

20分ほど置いておく。(臭みが取れます。)

 

2、漬けおき用の材料を全て混ぜ合わせ、1の鶏肉を漬け込む。

f:id:saki-bianca:20171206052315j:image

冷蔵庫で1時間〜1晩以上(2、3日置いても大丈夫です。)寝かす。

 f:id:saki-bianca:20171206052321j:image

3、鶏肉は焼く前に常温に戻し、220℃のオーブンで45分焼く。

途中で焦げてきたら、アルミ箔で覆う。

 f:id:saki-bianca:20171206052341j:image

 

f:id:saki-bianca:20171206052401j:image

 

Guten Appetit😋どうぞ召し上がれ😋

 

*残った漬けおきタレは、トマト缶とお肉を足して、インドカレーのルーに使い回しができます😉

 

 

 

おまけ:
夜の寝かしつけの前に、なるべく読み聞かせをするようにしているのですが、

読む本は子供達がそれぞれに選んできます。

その日は長男が選んできた本から、

f:id:saki-bianca:20171206052548j:image

私「さぁ、この絵を見て何かお手伝いできることはあるかな?」

 

長男「(サッと手をあげて)はい!ハナちゃんがこぼした飲み物を拭く!」「あとは、食器をママのところへ運ぶ!」

 

私「それはママ助かっちゃうね〜!」

 

次女「はい!電子レンジに忘れられた食べ物を取り出す!(←大真面目😂)」

 

長女「それは、あり得る…」

 

私「…すごいところに気付いたね💦😂😂」

 

子供って本当によく親のことを見て、しかも(覚えていなくていいことまで💦)よく覚えてくれています😂

 

でも少しだけ、こういうフォローをしてくれるようになったら、助かるなぁ。とも思ってしまう不完全ママなのです🙄😂

 

 

 

 

 

週末の様子〜長男5歳になりました🎉

月の始めに家族のお誕生日があると、カレンダーをめくった途端、急にその日が近づいたように思えて焦ってしまうのは、私だけでしょうか😂

 

長男を妊娠中に「予定日はいつなの?」と聞かれ、「クリスマスです。」(←実際には3週間早く生まれたけれど)と答えると、大抵の人に「あら大変!」と言われたのを、

その時は実感がなかったのだけど、今となっては、身にしみて分かります😂

12月に入ると途端にイベント続きのドイツ、初旬生まれでも余裕がないです💦

(街もキラキラしてとても素敵な時期だけれど、これから赤ちゃんを希望される方には、12月生まれはお勧めしません😂)

 

そんなことを思いながら、週末の様子です〜😊

 

友人の赤ちゃんお披露目会が街の中であり、 時間まで余裕があったので、クリスマス市で腹ごしらえ。

 

ドイツソーセージとパンにケチャップとマスタードをかけるお姉ちゃんず。

これ、便利なのかどうなのか?すぐ下がケチャップとマスタードだらけになっていました… f:id:saki-bianca:20171204070827j:image

 

お決まりの子供用グリューワイン😋

夜のマルクトは人が多すぎて、3人の子供達が離れないように見ているのだけで精一杯で、自分用にはグリューワインは頼めませんでした。

種類も豊富なので、今度はゆっくりと昼間の人が少ない時間帯に来ようと思います。

f:id:saki-bianca:20171204070832j:image

 

毎年乗るカルッセル。今年は次女が思った以上に成長していて、去年まで乗れた自動車から足がはみ出してしまい、プンプンしていました😂

長男は、キラキラ光る真ん中のデコに夢中😂 f:id:saki-bianca:20171204070836j:image

 

 次はバイクに乗り換えて、ご機嫌😊f:id:saki-bianca:20171204070841j:image

 

友人の赤ちゃんに癒されたのも束の間、帰ってからキッチンで夜な夜なこんな作業↓を😂f:id:saki-bianca:20171204070900j:image

 

今年は、ポケモンにはまっている長男のためにケーキのデコチョコ作成中です。

f:id:saki-bianca:20171204070910j:image

 

スポンジケーキが上手くいかず、2台焼く羽目になるトラブルがありながら、何とかデコでごまかしバースデーケーキが完成。

『雪に埋もれるピカチュウとはしゃぐポッチャマ』です😂

f:id:saki-bianca:20171204070752j:plain

 

喜んでもらえました〜。

「ケーキ美味しかった?」

「もちろんだよ!」

もう、本当にこの為だけに母は頑張っているのです😭

f:id:saki-bianca:20171204070959j:image

お姉ちゃんずからも、手作りポケモングッズをもらって、本当にご満悦な長男なのでした😉

 

女の子2人に続く末っ子長男で、周りからもいつまでも「小さな◯ちゃん。」と

可愛がられ、甘えん坊かつ自由児な男の子。

強く逞しく愛に満ちた子に育っていってほしいです😊

これまで、元気に育ってくれて、たくさ〜んの笑顔をありがとう❣️

 

 

 

 

Nürnberger Rostbratwurst mit Sauerkrautニュルンベルガーソーセージとザウアークラウト〜手作りアドベンツカレンダー

今日は、ザ・ドイツなメニューです🇩🇪

ドイツビール🍺と黒パンがピッタリなお料理なのですが、夫の初日公演に向けて、禁酒生活続行中です…

 

f:id:saki-bianca:20171128034204j:image

🌟ニュルンベルガーソーセージとザウアークラウト🌟

【材料】

ニュルンベルガーソーセージ 300g、

ザウアークラウト 500g、

玉ねぎ 1個、水 200ml、砂糖 小さじ1、

 

 f:id:saki-bianca:20171128034215j:image

【作り方】

1、玉ねぎはみじん切りにする。鍋に油(分量外)を熱し、透き通るまで炒める。ザウアークラウト、水、砂糖を加えて蓋をし弱火で20分程煮る。

 f:id:saki-bianca:20171128034225j:image

2、その間にフライパンでソーセージに焼き目をつける。

 f:id:saki-bianca:20171128034234j:image

3、 お皿にザウアークラウトを盛り、その上にソーセージを乗せる。

 f:id:saki-bianca:20171128034247j:image

 

マスタードを添えて召し上がれ🍴

 

Guten Appetit 😋

 

 

 

明日からいよいよ12月ですね。

ドイツの子供達は、毎日アドベンツカレンダーを開けて、何かしらのプレゼントをもらいます🎁羨ましい〜😂

街にはおもちゃ屋さんを始め、いろいろな種類のカレンダーが売っています。定番のチョコレートやおもちゃ、その他、子供用だけでなく大人用にも香水やアクセサリー等…

去年までは、3人それぞれに好きな(市販の)カレンダーを買っていたのですが、結局、ガラクタになるものが多く💦今年は手作りしました。

内容は、文具、衣服、お菓子、おもちゃ、雑貨等、この時期に新調しなくてはならない手袋やオシャレ着、必要になった文具も本当なら単純に買い与えれば良いのですが、毎日のプレゼントの一部としています😏

カレンダーの小袋に入らない大物は、動物シールが貼られたカードに吹き出しをつけて「手袋❣️」等書いて入れました😉

f:id:saki-bianca:20171201040016j:image

アドベンツカレンダーは毎日、そして、アドベンツクランツは1週間ごとに、クリスマスまでのカウントダウンをしていきます🎄

 

9月から始まっていたクリスマス商品売り場は、日々拡大され、人々もこぞって買い出しに出ます🎁

やはり、ドイツではクリスマスが1年間の中で最大のイベントなのです❣️

 

明日の朝が楽しみな子供達、興奮気味でなかなか寝つきが悪いです💦

それでも、朝はきっといつもより早いのだろうな…😂